左翼がリベラル偽装し戦争挑発=護憲=日本破壊工作

アクセスカウンタ

zoom RSS 国内混乱攻撃とミサイル攻撃!日本崩壊寸前先制攻撃できる法改正装備しか敵の挑発は止められない

<<   作成日時 : 2017/07/29 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

20170728深夜のミサイル攻撃は落下速度が速いので迎撃できない!先制攻撃できる法改正と装備しか敵の挑発は止められない。チャイナの薄ら笑いが見える!!!戦争を挑発する反日野党マスゴミに活気が!!
 北朝鮮が着々と日本侵攻の準備を進めている中で、大阪地裁は日本を火の海にせよと教える朝鮮学校に税金を出せと言う。そういえばビーチ前川がその思いやり税金ぶったくりをさせた北朝鮮のヒーローだという。日本のマスゴミ左翼官僚どもは北朝鮮のミサイル攻撃を待っているかのようにクダラナイ(彼らにとっては強い反撃できる危険な日本にはさせないという国内混乱攻撃は最重要課題だろうが)やくざの因縁付け以下のレベルの安倍内閣攻撃を必死に続けている。馬鹿らしいが相手の攻撃が執拗であるだけに一つ一つその陰謀を含めてつぶしていかなければならない。以下ほとんど引用

2017.7.27
安倍首相もハマった、マスコミが疑惑だけで罪人を作る3つの方法
http://diamond.jp/articles/-/136478?page

 少し前まで「特定秘密保護法と共謀罪で報道が萎縮する」なんて(デマをまき散らしていたマスゴミ)泣き言をいっていたのがウソのように、マスコミはイキイキしている。「不誠実」「嘘つき」というイメージ付けでクビがとれると味をしめれば、次の首相も、そしてまた次の首相(あるのだろうか)もターゲットにされる

<テクニック1>
「争点」を変えていくことで「消耗戦」に持ち込む
(ひとつも、まともな追及ができない話をすり替えてつぎつぎ疑惑と言い続ける陰湿な工作方法)
<テクニック2>
「発言の矛盾」を追及して、「嘘つき」のイメージをつける

 先ほども触れたように現在、「争点」となっているのは、「安倍総理が1月20日に知ったという発言は本当か」ということだが、「加計疑惑」の本当のポイントは、安倍首相が総理大臣という立場を使って、加計学園に便宜をはかったのか否かである。

 誤解を恐れずに言ってしまえば、知った日などというのは「どうでもいい話」である。

 しかし、マスコミは安倍首相の説明の辻褄が合っていないとして「疑惑がますます深まった」という。矛盾があるのは、申請を把握した日付を巡る説明であるのに、なぜか「加計学園」全体の疑惑とごちゃまぜにしているのだ。

 要するに、「説明が理にかなっていない」→「安倍首相は嘘つきだ」→「加計学園に便宜を図った」という三段論法に持っていっている
<テクニック3>
「納得のいく説明がされていない」と食い下がる
どんなに説明を重ねて「それは違いますよ」と否定をしても、「納得いかない」と、ちゃぶ台返しをされてしまうのだ。しかも、世の中的にはどうしても「納得できる回答をしていない方が悪い」という印象になる。つまり、権力者や大企業の「傲慢さ」を世の中に広めるには、もっとも適した「攻め方」なのである。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国内混乱攻撃とミサイル攻撃!日本崩壊寸前先制攻撃できる法改正装備しか敵の挑発は止められない 左翼がリベラル偽装し戦争挑発=護憲=日本破壊工作/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる