これがペシャワール会に対する日本政府の本音だろうな

 以下の記事はペシャワール会が命がけで行っている非軍事的民間復興協力活動をなんとか無くしたい人々の本音が垣間見える記事だ。中村哲医師のことをタリバン擁護と批判する前に何が復興に大切かを曖昧にしてはならない。米軍を中心とした軍隊が何を行ったかを。日本人は環境の変化に対応する能力が高いと思うから戦後の皇国日本が米国化することに抵抗がなかったが、イラクやアフガニスタンへの米軍の軍事侵攻は大間違いだったことを認めたくない人々の情報管理には警戒が必要だ。

<<本当のタリバーンと偽タリバーン>>
2008年08月29日
ペシャワール会・中村哲医師のタリバンへの異常な愛情と毎日新聞・朴鐘珠記者の隠蔽工作
アフガニスタンでペシャワール会の伊藤和也さんが拉致、殺害された事件の記事で、毎日新聞が記事の隠蔽工作を行いました。中村哲医師の発言部分をゴッソリ削除したのです。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080829k0000m040129000c.html

この毎日新聞の記事は、最初にUPされた時のタイトルは
アフガン拉致殺害:中村医師が遺体検分 悲しみこらえ - 毎日jp(毎日新聞)
だったのですが、現在は同一アドレスでタイトルが
アフガン拉致殺害:中村医師「ご両親に申し訳ない」 - 毎日jp(毎日新聞)
に変更されており、内容も大きく変更されています。WEB上にUPされた当初は以下のような文章が載っていました。
--------------------------------------------------------------------------------
反政府武装勢力のタリバン報道官を名乗る人物が、犯行を認めていることについて、中村さんは「拉致グループはタリバンではない。タリバンがこんなことをするはずがない」と話した。

「我々が言うタリバンとは、マドラサ(イスラム神学校)でちゃんと教育を受けた、礼儀と道理を身につけた者を言う。しかし、9・11(01年の米同時多発テロ)後、偽タリバンが増えた。彼らは本当のタリバンではない」

タリバンが拠点とするアフガンとパキスタン国境地域で、ハンセン病治療や井戸掘りなどを20年以上続けてきた。国際的な非難を浴び孤立するタリバンとその母体のパシュトゥン民族を支え、タリバン側からも一定の理解を得ていると自負してきた中村さんの、タリバンへの「最後のメッセージ」にも聞こえた。
--------------------------------------------------------------------------------
この部分の文章は現在、記事中に存在しません。
ただ、消し忘れたのか知りませんが、記事の写真に付いている説明書き部分には現在も、
--------------------------------------------------------------------------------
「タリバンではない」。そう語ったペシャワール会の中村哲代表=アフガニスタン・カブールのアフガン政府軍空港で2008年8月28日、栗田慎一撮影
--------------------------------------------------------------------------------
という解説が残ったままです。その為、記事本文に書かれていないことが説明にあり、記事のバランスがおかしな事になっています。なおこの記事は署名記事であり、
【朴鐘珠、カブール栗田慎一】
とあるのですが、最初にUPされた時は「栗田慎一」の名前のみで「朴鐘珠」の名前はありませんでした。既に毎日新聞の記事はGoogleキャッシュは削除されているのですが、cybozu.netの毎日新聞転載記事にはまだキャッシュが残っており、確認できます。
該当記事のGoogleキャッシュ
現在の該当記事
やはり改竄前には【カブール栗田慎一】としかありませんね・・・つまり「朴鐘珠」記者が、カブールから送られてきた栗田慎一氏の記事を丸ごと書き換えた上で、写真だけ残したという事になります。(写真の説明書き部分は改竄し忘れか)

毎日新聞は何故、栗田慎一氏の記事の根幹ともいえる部分を丸ごと消してしまったのでしょうか。

・・・中村哲医師の、異常なまでのタリバーン擁護を、報道すべきではないと判断したのでしょうか。それとも栗田慎一氏が中村哲医師の発言を捏造したので撤回したのでしょうか。どうも前者の可能性が高いように思えます。中村哲医師は911テロの報復戦争以前からタリバーン擁護を繰り返しており、これくらいのことは平然と言ってのける人物です。

現地に居た専門家の情報が正しいとは限らない (2007年8月14日)
これは一年前に書いた記事ですが、後半で「軍事板常見問題」の消印所沢氏が書いた「アフ【ガ】ーニスタンFAQ」の項目から、中村哲医師に関する部分をピックアップしています。これを見るだけでも中村哲医師のタリバーン擁護があまりにも度を越している事が見て取れる筈です。
~取り急ぎここまで http://obiekt.seesaa.net/article/105658453.htmlから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック