「維新八策」道州制のさきを展望する

 地方主権の道州制だが、大前研一氏の説いた内容から進めれば、日本合衆国さらに進めれば、日本連邦とも言えると考える。合衆国は米国の州に大きな権限を与えているイメージだ。連邦は各道州自体が独立国として国連に加盟する方式だ。
 各独立国として連邦制によるあり方を進めてやっと道州制が実現できるくらいのエネルギーが必要だ。
既得権益の塊。すべての権力を敵に回すくらいの大改革を提起してきた「維新八策」(と呼ぶことにしたようだ)
 腹を据え、命懸けの心して掛からなければならない。
北海道に時差を利用した金融市場を開く。沖縄が自立できる独立こそ産業再生が可能になる。というのが大前さんの説だったと記憶しているが。。。

 この方向性を切り開くものとして「維新八策」とHARRYは受け止めている。切り開こう! 日本の未来を!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック