決着!いい経済政策/ダメな経済政策youtube から

多くの評論家はデフレをデフレ+デプレッションで説明している。そのためデフレの解決は紙幣増刷で解決する。という高橋洋一さんの説明を理解できていない。デプレッションの改善以前に当然取り組むべき課題を紙幣増刷と言っている。
決着!いい経済政策/ダメな経済政策part1: http://youtu.be/By_OIjZz2WY @youtubeさんからデフレーションは物価下落の持続だがお金を刷ればこれは改善する。デプレッションは失業増加の不況でGDPは下落。英語の意味を区別せよ。日本では両方一緒にしてる。

デフレーション物価下落持続とデプレッション不況は違う。日本語は曖昧だ。不況=GDPがさがる。ことは別だが、今は両方起きている。デフレは貨幣数量理論で単純だ。実質成長率は難しい。デフレがデプレッションに行きがちだ。デフレを直し、構造改革でデプレッションを治す。ということから始めるべきだ。デフレと円高はリンクしている。(高橋)
イリエ?3つある。成長政策には規制緩和、構造改革、安定化はマネー物価。再分配政策は社会保障だ。小泉改革は生産性の効果が上がっていたが、再分配がうまくいかなかったので政治的に淘汰された。円の供給は金融政策が日本ではうまくいっていない。金融政策は重要性が高く余地がある。
池田信夫飯田さんと議論したいとのことで。
池田信夫:デフレの中に長期低迷がごちゃごちゃになっている。今日本が直面している問題で金融政策でどこまで対応できるか。日銀が供給してそれなりに金融政策を日銀はやった。
さっきの画面 エコノミストの今週特集 ジャパンシンドローム。子供が日本を背負っている。年金赤字。こどもが日本お将来を背負わされている。
高齢化に政治経済システムが対応していない。
小幡准教授:先進国は成長しなくなる。マクロ的には混乱。シフトにうまく乗ればうまくいく。デフレは金の量。と実物資産。先進国ではマネーを資産にシフトしている。資産価格に移動し、物価は上がらない。新興国へ富が移動する。アメリカは自分で自分の首を絞めている。

フジスエ民主議員:高橋論、分けられないと思っている。デフレ議連を作ってる。日銀法改正 インフレターゲット=みんなの党。生産性 乗数効果 
全体の生産性を上げる。輸出型企業が付加価値を上げる。介護医療が生産性を上げてデプレッションをあげていく。

フリートーク
高橋さんから 生産性を高めるのは誰も否定しない。が結構難しい。永遠に間違いでない。デフレで設備投資が出ないと生産性を高めるのが難しい。規制緩和は一個の例。売国奴とまで言われ続けている。
 価格は資産価格が入っている。資産価格が上がることは悪くないがずれが出ないようにはしてきた。気をつける。
 デプレッションは価格の問題。
つぎ:なくすのは長期課題。
 労働市場の問題やりたいが、ボロボロにされたので。労働市場はやるべきことが残っている。
つぎ:生産性を上げながら雇用をあげていく。
できないのではなく、長いことかかる。短期でお金をするということがあればそれをやればいい。

池田信夫:金融政策 どれが今、一番効果が上がるか。
日銀がジャブジャブ金を出してきた。
がM2は増えなかった。日銀のマネー量的緩和などの単純なことは意味がない。
つぎ:将来、公共が
ベースマネー将来は出さないと言って今出すのは意味ない。
たか橋:福井は脱却やると約束させた。先も、物価統計インフレ予想率 半年遅れだが リーマンショック以降。量的緩和福井のときラグが半年一年遅れてあともうちょっとといっていたのに強引に量的緩和をやめてしまった。
だから効果はあった。
つぎ:銀行の改革が景気回復だった。
雇用の話は反対する。
つぎ:GDPギャップマイナス労働市場 なるべき今年再来年を不完全終了状態にあるのを
高橋:短期長期の話が池田信夫と違うだけ。官僚の中に日銀を入れるかどうかで池田信夫と違う?
国内で金を供給しても海外へ出ていくのではないか。円高なら当たり前。アメリカが多く刷るから。購買力平価。

小幡:経済はどこが一番儲かるか。新広告の方が儲かるから金は新興国に投資して儲ける。円高でデフレこそが日本生き残る方法。
価格競争力が維持できない。
つぎ:為替レートで動くかない。円安ならドルベースで下がる。実際にはそうは下がらない。
円高デフレのメリットデメリット。
小幡:円高デフレじゃないと国際的に損する。
量的には今までの職業ではシェアするしかない。
構造的に平均的にデフレにしなければ輸出競争力は失われる。
高橋:国内失業率
池田信夫:自然失業率 若者が日本の負担を背負わされている。中高年は不公平。ものすごく大きな格差が起きている。若者も貯金となる。
民主党政権しわよせ・

議員:波及効果高いのは自動車電気 輸出がガタンと落ちた。
小幡: 円高問題は中小企業に大きい。大企業は円高に影響は少ない。?
高橋:リーマmmショック以降は量的緩和の問題。
中央銀行のお金の変化率でみる。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック