公務員の利権を守る側の方に対して公務員改革を進める側から

公務員改革後の体制について
投稿者 : masahiko
2012年3月13日 8:48 AM

個人的には公務員改革に注目しているのですが、ここ最近はコスト削減が何かと話題に上がっている一方で、実際に現場で働いているスタッフの痛みについてはなかなか注目されていない現状があると私は考えています。

やはり、公務員改革を行う事は支出を減らすことにも繋がるのでしょうが、それによってどのようなメリットがあるのかをもっと明確に打ち出した上で、国民の意見を聞くべきだと思います。

何でも削減ばかりではうまくいかない事もあるので、そのバランスを如何にして調節しながら改革を行うかが大切だと思っています。しかし、世間的な流れからいっても公務員改革はどんどん推進されるでしょうから、現場の方々の苦労は相当なものだろうと思っています。

負担が少ない改革はそもそもないのでしょうが、働く側にとってモチベーションの下がらないような配慮をしてほしいものです。特に、年々厳しくなっている公務員改革については、もう少し現場の意向を踏まえつつ、何をすべきかを導き出す必要があると思います。


それに対してコメント by harryikedaharuo — 2012年3月17日 @ 6:13 AM
 公務員改革に利害関係者=既得権益受益者が発言すれば当然、自己の利益を中心に考えます。その代弁者もしかりです。既得権益に無縁の第三者が公正な判断を政治的に決断しなければ改革はすすみません。
 自己の私利私欲で動く人間は詐欺師と一緒です。第三者には気が付かれないように巧妙に第三者発言を偽装します。良い人に見えるからだまされるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック