エシュロンに支配されない情報スッポンポン社会へウィキリークスを支持する

facebookの情報丸見えは以下の国家情報管理に比較してどうせ筒抜け情報と思って書いています。インターネットは全部ツツヌケ。だからお互い情報交換もできる。国家の隠蔽情報も暴くことができるウィキリークスも生まれる。HARRYIKEDAは出したり隠したりではなくスッポンポンの情報社会を目指しています。

エシュロン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内, 検索
エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システムで、同国国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などにより指摘されているものである[1]。ただしその存在がアメリカ合衆国自身によって認められたことはない。
なお、「エシュロン」はフランス語で「(梯子の)段」を意味する語・échelonに由来する。


英空軍メンウィズヒル基地にあるレイドーム(レーダーアンテナ保護用のドーム)。エシュロンに関する施設だと言われている。
北緯54度00分29秒 西経1度41分24秒 / 北緯54.00806度 西経1.69度 / 54.00806; -1.69


英空軍メンウィズヒル基地
目次
[非表示]
1 概説
1.1 情報収集活動
1.2 分析
1.3 分類
1.4 蓄積
1.5 提供
2 参加国
3 協力国
4 歴史
4.1 大規模情報収集機関
4.2 40号室
4.3 MI8
4.4 GCCS
4.5 米英の協力
4.6 エシュロンの誕生
5 情報収集
5.1 過去の事件
6 欧州議会による報告書
7 日本とエシュロン
8 その他
9 関係機関
10 出典・注記
11 参考文献
12 関連項目
13 外部リンク


概説 [編集]
実在するとすれば、国家による情報活動に属するシステムであるが、公式にはその存在が確認されていないため、本項目の記述の大部分は外部からの指摘によるものである。収集・分析・分類・蓄積・提供の各機能より構成されていると考えられている。
情報収集活動 [編集]
エシュロンはほとんどの情報を電子情報の形で入手しており、その多くが敵や仮想敵の放つ電波の傍受によって行われている。1分間に300万の通信を傍受できる史上最強の盗聴機関といわれている。
電波には軍事無線、固定電話、携帯電話、ファックス、電子メール、データ通信などが含まれており、友好国にある米軍電波通信基地や大使館・領事館、スパイ衛星、電子偵察機、電子情報収集艦、潜水艦を使って敵性国家や敵性団体から漏れる電波を傍受したり、時には直接通信線を盗聴することで多量の情報を収集していると言われている。
今日では、データ通信の大部分は、光ファイバーを利用した有線通信によって行われており、傍受することは極めて困難である。それでも例えば、20世紀末までは海底ケーブルの中継器に傍受装置を取り付けることで光ファイバでも盗聴が可能であったが、1997年以降からは電気アンプから光学的に増幅するアンプに変わったために不可能になった[2]。
電気通信事業者の協力を得てデータ収集を行っている可能性も指摘されている。電子フロンティア財団は、NSAがサンフランシスコのSBCコミュニケーションズ(現AT&T)施設(Room 641A)に傍受装置を設置してインターネット基幹網から大量のデータを収集・分析していたとし[3]、アメリカ合衆国政府およびAT&Tに対し訴訟をおこしている(アメリカの連邦法はNSAやCIAが国内で盗聴はもちろんのこと、一切の諜報活動を為すことを禁じている。これは活動即ち、政府が主権者たる国民を敵視している事を意味するからである)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック