支配し続ける官僚と使われる政治屋ども。ボロボロの政府だから人々のINORIが大きくなる。

皆様! お元気ですか? harryikedaharuoは今、毎日巡礼の旅をしています。

HANNYASINGYOU般若心経を写経してから、100円shopで購入した自作朱印帳
をもって武蔵野観音霊場33箇所を歩いています。
 その写経の願文は「平成維新」と書いているだけです。
無駄な公共事業と戦い続けてきた市議会での12年間でした。
 今、市内を歩くとその時の思いが街中に溢れています。
黒目川雨水幹線は大型トラックが中を走れるくらいに巨大な100ミリ対応可能な
くらいのトンネルでした。
しかし、流れ込む黒目川新小金井街道本村小の河川は対応雨量30ミリだったと
思います。そのため大きなトンネルは内部を狭く埋め直して黒目川に流れる水量
を減らしている。というよりもそのままの大きさでは川に流すことができないため

だが。。。
 今の黒目川は土砂がたまりうっそうとした樹木がしげる。川底を深くすると50ミリ
の雨量に対応できるそうだが、下流が対応していないので30ミリにしているとの話
だったがこのうっそうとした樹林が出来た黒目川は30ミリの雨量にも対応でき

ないのではないか。
 市議会はこの税金の無駄遣いをどう受け止めているのだろうか。

東京都に対して今後の対応、河川管理の現状を年度計画で明らかにすることを求めて欲しい。

年金もまだもらえていないこの身を振り返って感じることは現在の金額で300ヶ月
X15000yenを支払っておよそ450万円を国家に払い込んで月額4万円の年金支給。
65歳になれば少し増やしますという制度も異常だろう。
もともと国民が払い込んだ年金の原資は使い放題に散財して、その時代の年金支払
はその時代に年金を支払っている現役世代の支払った年金を自転車操業で回すと
いう高齢化の時代には誰が考えてもパンクする年金方式を考えた厚生省の官僚の
犯罪は誰も追求されずに、若者世代に負担を皺寄せるるのが高齢者であるかのよう
なでたらめな国家の泥棒官僚の宣伝に国民の多くが騙されている。

民主党政権は維新をやるはずだったが、時の支配機構官僚制度に歯が立たずに
使いこなすなどといういいわけで、支配層である高級官僚に政治屋どもは使いこな
されている。

 今、Harryikedaharuoが出来ることは、祈りだ。
 自己保身しかできない腐った支配官僚とその手先である政治屋どもからこの
NIPPONを解き放つことだ。祈りは力だ。内に思念が充実してくる。
 自由な世界を作り上げる祈りと力をそれぞれの内に充実させるいい機会になっている。
ボロボロの政府であればあるほど人々の祈りの力は充実してくるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック