年金騒動の本質は「改革潰し」にある。サンプロ終了の理由だったと田原のブログで見た記憶があるが。

http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=448
2007年7月2日(月曜日)

年金騒動の本質は「改革潰し」にある

カテゴリー: トピックス一覧
政治評論
民主党


年金騒動の本質は「改革潰し」にある

 「宙に浮いた五〇〇〇万件の年金記録」などという考えてもみなかった問題が突如浮上し、参院選への影響は必至――とメディアは連日報じている。世論調査結果などというものも各メディア挙って報じているが、筆者などはバカらしくて見る気にもならない。国民には早く正気を取り戻してもらいたいと祈るのみだ。

 というのも、どうしてこの社保庁の問題で安倍内閣や自民党の支持率が下がり、民主党の支持率が上がるのか、正直言って筆者にはわからないからだ。行政に関わる全責任は首相にあるといわれれば、それは確かにそうだろう。その首相と一体の与党第一党が自民党というのであれば、批判がその自民党に向くのもわかる。しかし、今問題になっている年金の問題というのは、そんな単純な論法で済ませられる話なのだろうか。

 屋山太郎氏は産経の正論で、この問題はかつての「国鉄問題」と同じだと指摘している。というのは、問題の根元には自治労国費評議会という社保庁の最大労組と、その横暴にただ手をこまねいていただけの社保庁歴代幹部の無責任体制があり、とすればこの両者の責任に対する究明なしに、この問題の本質的な責任は語れないからだ。首相や自民党が責任の一端を負わなければならないことはその通りとしても、ならばこの労組を支持母体にしてきた民主党に責任はないのか。それどころか、この社保庁の異常な「構造問題」に切り込もうとする安倍内閣の「社保庁解体法案」に徹底的に反対する民主党は、実は「改革潰し」が本意なのではないか。こうした論点をもっと掘り下げてこそ、この問題の本質が明らかになると言えるからだ。

 三年前にあの年金未納問題が騒がれた時、新聞は既に次のように指摘していた(読売新聞16・10・3)。

 「利用者無視の窓口対応がまん延している背景には、日常業務に関して、社保庁と職員組合『自治労国費評議会』が交わしてきた『確認事項』の存在がある。昭和50年代のコンピューター導入に伴う反合理化闘争の過程で生まれた慣習だ。(中略)保険料を支払っている国民の利便性よりも、労働者の権利を優先する、という意識が、職員の間に染み込んだ結果だろう」「労組の反発を恐れる管理職は事なかれ主義に走りがちで、中央の統制も利きにくい。厚労省のキャリア官僚は『地方に通達ひとつ出すにも、現場の同意がなければできない。上層部が何を決定しようが動いてもらえない』とこぼす。長官が社保事務所の視察を希望したが、拒否されたことさえあるという」

 異常な体質はこれだけではない。五〇〇〇万件の問題で世論が激昂しているその中にあって、ある社会保険事務所では夕方5時15分の夜番への切り替えと称して、既にその十分前から席を立ち、タイムレコーダーの前に立っていた職員がなお半数近くいたという。こうした体質が杜撰な事務を生み出した根因であることは説明するまでもないが、とすればこれも安倍内閣の責任なのだろうか。先にも書いたように、安倍内閣はまさにその体質を問題とすればこそ、社保庁の単なる改革ではなく解体をめざす法案を提出していたのだ。

 今回の五〇〇〇万件のデータは、このままではかつての国鉄のように職場は解体されてしまう、と危機感を覚えた労組が、法案成立阻止のためにみずから不祥事をリークしたとする説もある。とすれば、問題発覚とともにまさに「待っていました」といわんばかりにこの問題に飛びつき、これを参院選の「最大の争点」にすると宣言した民主党はタイミングが良すぎるのではないか。本当に年金が大事と考えるなら、むしろこの問題では政治休戦してでも与党と話し合うべきではなかったのか。

 むろん、民主党も対案らしきものは出している。しかし、その内容は国税庁と社保庁を合体させた「歳入庁」なるものを作れ、というもので、依然として社保庁職員の公務員資格の維持にこだわっている。世論は一体こんな対案も見た上で、民主党はいいと言っているのだろうか。

 最後に付言すれば、安倍内閣が成立にこだわっている公務員制度改革法案は、先に指摘したような無責任な高級公務員の悪しき天下りの慣習を断つものだ。それで困る勢力は反安倍をいおうが、国民もそれに唱和させられているとしたら、何をかいわんやだ。民主主義はその担い手の質にかかっていると言いたい。(日本政策研究センター所長 伊藤哲夫)

〈今月の主張/『明日への選択』平成19年7月号〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック