この時期に安倍政権を狙い撃ちにする閣僚問題の真意は?

 団扇のことで国会が無駄な追求が出るのも、この時期に小渕の政治資金問題を出してくるのも当然、
安倍内閣への執拗な攻撃意図を感じさせる。
 すなわちリフレ政策への安倍首相の姿勢が明確になりそうになると見えたところで内閣へ脅しのような攻撃。
他にもいくらでもネタは準備してるんだぜと増税マフィアの嫌がらせが顕在化してきた。
 民主党政権が財務省主導の政権に衣替えしてそれまでの麻生財務省政権との違いが全く無くなったことで
国民は民主党の裏切りを知らされた。
 今、自民党の中ではきわめて少数派であるリフレ政策デフレ脱却経済成長戦略で日本の財務省主導の
政治を根本転換する始めての革命的な安倍政権が決定的な反増税政策を採ることに大妨害をしようとしているのが
今回の大臣問題に他ならない。
 マスコミの正論もどきに騙されないようにしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック