早大国策研20141128大隈講堂で生青山繁晴さんの話を聞いた大隈重信です。

20141128大隈講堂で生青山繁晴さんの話を聞いた大隈重信です。
2014/11/29, Sat 13:10 
自民党は腐っている。JAは農業の成長を阻害する元凶みたいな批判を嫌がる古い幹部によって
青山繁晴さんは講演に呼ばれることはなくなったそうだ。
当日はそれほどの言い方はしなかったが帰ってから水曜アンカーを見た。
そのアンカーはカマボコ屋さんの提供の動画は今朝は見れず、他の人のブログから引用させてもらった。

今までの内閣では全く不可能だった財務省との全面対決にいたった政権であるということ。

これこそが真の革命的政権の樹立ということができると思う。

その政権を旧来の既得権益を第一義とする勢力がなんとか追い落とそうと必死だ。

谷垣自民党幹事長は安倍首 相が選挙の最低ラインを238議席と設定したことを翌日には勝手に270議席と宣伝し、
安倍革命の首を引っかきむしるために財務省とさらにさらに手を組んだ。即刻幹事長を更迭するべきだ。

昨日のお話は現在徹夜を続けて書いているという葉隠れについての話もしてくれた。
「武士道とは死ぬことと見つけたり」に抜けているのは何か。会場に質問されてちょうど私にマイクを向けてくださった。

私は自分にできるかどうか自信は無いが、青山さんの著作、ぼくらの祖国と死ぬ理由生きる理由を読んでいたから
当然、「武士道とは他人のために死ぬことと見つけたり」と答えて握手をしていただいた。柔らかな宗教家のような手だった。
青山繁晴さ んが教祖のように見えている人も少なくないだろう。政治も宗教も主義主張。だれかの説明に共感できるかどうか。
それが宗教という分野もあれば政治という分野もあるというだけだ。

さて質問です。青山さんは安倍さんが財務省の攻撃に対して甘いといわれていますが、
消費税引き伸ばし後の再引き上げを安倍さんが確約したのは財務省との綱引きのぎりぎりの結果と残念ではあっても、
一歩後退したかもしれないが二歩か1歩半の前進を獲得したと応援してあげてもいいのではないでしょうか。

私は中村敦夫さんさきがけが解消したあとみんなの党から4期目の市議選に立候補して落選して職業政治は卒業しました。
ただみんなの党はアベノミ クスのさきがけでした。それを多数決で解党された渡辺さんは気の毒です。
青山さんはどんな政党の合従連衡が安倍革命を支え日本を根本から変えていく原動力となりうるとお考えでしょうか?

安倍政権は圧勝すると甘く考えていましたが、マスコミを総動員した財務省+野党の+自民党利権主流派の妨害の大きさに
身を引き締める思いを感じます。
画像

画像

画像

国策研は私が学生時代バイト先で一緒になった同窓生がそうだった。帰りの電車の中でこちらは左翼から彼は右翼的な対話があった。結構面白く話ができてよい印象の分かれ方ができた。弁論部出身の社会党がいたがあのコヅルソウナ印象に比べ国策研には悪い印象はない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック