みんなの党は財務省主導政党である旧来の自民党や第二世代民主党というリフレ政策反対の立場に変わるのか?

 アベノミクスは元々みんなの党が切り開いてきた政策だ。もっとアベノミクスに誇りを持ってほしい。
デフレ脱却政策を成功させなければ世界が今まで経験しなかったデノミ世界恐慌への入り口になりかねない。
その世界の先頭を進む道を日本が切り開く大きな分岐点に来ている。
 安倍政権への財務省の攻撃は用意周到だ。国民の協力が無ければ今までの政権が引き継いできた財務省主導の
社会主義的無策デフレ政策は転換できない。
 特殊法人に代表される権力者の特権的既得権益を守っていくのは社会主義に特有の習癖だ。日本の最高権力を守ってきた財務省を筆頭とする既得権を守ることが第一の任務である人々は消費増税という国家よりも既得権益を守るための方便を使いまくってきた。
 増税が経済を衰退させ納税額そのものが減るという現実が厳然と現れているにもかかわらず増税策にこだわる既得権益集団はアベノミクスに粉砕されなければならない。
 今までの財務省主導政治の破綻が自民党長期政権を終焉させ、民主党の無策政治に引き継がせた。
新たな経済成長を生み出し、チャイナに頭を下げまくってきた今までの自民党や民主党の政治を大転換させる総選挙となるだろう。
 維新の党も次世代の党も何を大義名分が無いなどとアホな安倍首相批判を行うのだろうか???
むしろ今までの旧来型財務省自民党や財務省民主党から脱却する政治を掲げて、自民、民主の増税派との決別選挙と位置づけ、アベノミクス応援選挙のスタンスを提示できないのでは野党の将来も暗い。アベノミクスのなかに身を隠す増税派のあぶり出しこそアベノミクス=リフレ政策推進派の任務ではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック