ジェットスターへのクレーム

https://plus.google.com/u/1/photos/114607791029559161037/albums/6102851806626627905
jetスターの手荷物については10キロを越えると2時間を越えていると約2600円加算料金を請求される。成田からのときは機内荷物も厚手のセーターを着ていたので8キロだったが帰りは那覇が暑かったのでセーターはかばんに入れていた。10キロ。機内持ち込みの手荷物も一緒に計ると12.4キロ。今なら2時間前だから1950円で済みますとのこと。仕方が無いので15キロ分ということで支払った。家内も12キロ。両方あわせて5キロオーバー以内に収まるということで貨物室の荷物を二コ預けようとしたら、17.8キロでもう2.8キロ分支払うように言われた。15キロ分支払っているのだから5キロオーバーということはふたりで25キロまでOKではないのか?それを二人分で17.8でさらに追加料金っておかしくないですか?
どういう計算になるのか?かなり行きは100円ショップの鋏を捨てないで貨物室に入れてと言った為に2600円も家内は余分に支払った。帰りはお金がかかるからと捨ててきた。2700円の損失。さらに1950円の支払いもしているからなんだか安い金額の航空運賃でも不満が残る。
 機内持ち込みと貨物室両方あわせても25キロ以内なのに9.4キロの荷物ひとつを預けるのに1950円支払ったように感じます。
 1.正しくは二つの荷物を預かるべきだったのではありませんか?
 2.成田で100円の鋏に2570円の受託荷物料金をとるときに、何もいえない連れ合いに一言確認の言葉をかけてくれるべきではありませんか? おかげで帰りの機内で口もききませんでした。たのしい旅も最後が最悪でした。結局捨ててきているんだから。

この記事へのコメント

通りすがり
2015年02月01日 13:11
でも、預けた荷物の合計が17.8kgだったら文句は言えないんじゃないですか?
機内持ち込みの手荷物が1人10kg未満で超えてるから預けるしかない。
実際に預けた荷物の重量は15kg超えてるのに文句言うのはいかがなものかと思います。
予約のときに1500円くらいケチるからあとから痛い目にあるんですよ!

この記事へのトラックバック