中国、テロの飛び火警戒 「イスラム国」との戦い、口頭支持にとどまる この気遣いが山本太郎節

 レッドチャイナはウイグル人800人すべてがテロビジネス会社に向かうために出国しようとしていたかのような報道だったが今日のニュースでは800人のうち「なかには「イスラム国」と合流して「聖戦」に参加しようとした人もいる。」?と大幅トーンダウン。日本のマスコミはチャイナの情報操作に揺らがない常識を持って欲しいと特に申し入れたい。

【イスラム国殺害脅迫】中国、テロの飛び火警戒 「イスラム国」との戦い、口頭支持にとどまる  - 産経ニュース http://www.sankei.com/world/news/150129/wor1501290004-n1.html

(1/2ページ)
 【北京=矢板明夫】イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件について、中国政府は「人質が安全に釈放されることを望む」(外務省報道官)と立場を表明しつつも、静観する構えだ。国内で新疆独立勢力による大量殺傷事件が頻発している中国は、国内外の過激派の連携を警戒している。中国は一方で、イラクなどに巨大な石油利権を持っているため、「イスラム国」との本格対立を避けたい思惑がある。また、反米の立場から、中国国内で「イスラム国」の主張に理解を示す声も出ている。

 中国公安省は昨年5月から今年1月中旬まで、雲南省や広西チワン族自治区などの国境地域で、ベトナムなどに密出国しようとした800人超の容疑者を拘束した。そのほとんどが新疆ウイグル自治区出身のイスラム教徒だという。中国当局の少数民族・宗教政策に不満を持ち、中東などに逃亡することが目的といわれ、なかには「イスラム国」と合流して「聖戦」に参加しようとした人もいる。

 中国当局が最も警戒しているのは、「イスラム国」でテロなどのノウハウを学び、支援を得た過激派が、再び国内に戻ってきて事件を起こすことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック