インドにアジア歴史研究所構想。感激した。やっぱり青山繁晴は平成の吉田松陰

 2対2の人質交換を大きく妨害したのはボンクラオバマだそうだ。頭にくるなあ。
http://www.dailymotion.com/video/x2ftndd_2015-01-28-%E5%BE%8C%E8%97%A4%E3%81%95%E3%82%93%E9%96%8B%E6%94%BE%E3%81%A7%E5%90%88%E6%84%8F-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9v%E3%81%AA%E3%81%97_news?from_related=related.page.ext.behavior-only.78cbabc67245658ccbaa7dc9e1d7fb77142250395
 吉田松陰は大前研一さんもなりたがっていた?いる?が今のおいらには青山さんがそれだ。
インドにアジア歴史研究所。涙なしには聞き取れない。
 インド、インドネシア、台湾の独立に命をかけた敗戦後の元日本兵たち何かの本では1000人を超えると言われている。辛い戦争を終わって戦後教育をうけたオイラ達には考えられない使命感。
 軍指導部が誤った指導をしていても末端の真面目な日本兵は八紘一宇の理想を彼らなりに汲み取って命を他国の独立に捧げた。このことを戦後教育は全く忘れさせようとしてきた。
 軽薄なマルクス主義歴史観だったなあ。
武士道とは他人のために命をかけて生き抜くこと。青山吉田松陰の命をかけた生き方死に方を少しは理解しつつあるような気がする。三島由紀夫の死に方を笑った脳みその軽さを今、恥じている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック