夢だったのか今朝20150206ユメウツツで襟元をチョンチョンと叩く気配がした

 自分は気がついてうっすら目を開けている。目のウエには骸骨のような黒い影。そしてその姿はもやもやと黒い浮遊霊のように分散していった。あれ、自分はもしかしたら死んでしまったのかな。と感じた。
 家の仏壇は自分の父方と母方の次ぐ人のいない仏壇に硫黄島の英霊になるべく毎日か、ときどきお水を捧げている。ウィスキーを買ってきたので昨晩はウィスキーも少し。
 その英霊の方々に導かれるのだろうか。と感じた。しかし引きずり込むのではなく、肩口が少し冷気にあたっていたのでかけたほうがいいよ。と教えてくれたのかもしれない。いや、ただの夢でしかなかったのかもしれないが、おいらには何か硫黄島の英霊がお声をかけてくれたような厳かな気持ちになりました。
 現地の自衛隊の皆さんも日常的に接していると青山繁晴さんの死ぬ理由生きる理由に書かれていたが、安倍政権で一刻も早くご遺骨を収集して慰霊をする日が来ることに少しでも微力を注ぎたいと毎朝英霊に祈る日々です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック