20150419相棒 劇場版 絶海の孤島を見てこの歌を思い出した

https://www.youtube.com/watch?v=AZU-9TBP2NY
Last night I had the strangest dream
I've ever known before
I dreamed the world had all agreed
To put an end to war

I dreamed I saw a mighty room
the room was filled with men
And the paper they were signing said
They'd never fight again

And when the paper was all signed
And a million copies made
They all joined hands and bowed their heads
And grateful pray'rs were prayed

the people in the streets below
Were dancing 'round and 'round
And swords and guns and uniforms
Were scattered to the ground
(間奏)
Last night I had the strangest dream
I'd never dreamed before
I dreamed the world had all agreed
To put an end to war.
昨夜、私は奇妙な夢を見ました
私が今まで知っていました
私は世界のすべての合意した夢を見ました
戦争に終止符を打つために、

私は巨大な部屋を見た夢を見ました
部屋には男性で満たされていました
そして、用紙は、彼らが言った署名されました
彼らは再び戦うことがなかったです

そして、用紙は、すべての署名されたとき
100万コピーが作られ
彼らはすべて手に参加し、頭を下げ
と感謝pray'rsを祈りました

下記の通りの人々
「ラウンドと 'ラウンドを踊っていました
そして、剣や銃やユニフォーム
地面に散乱していました
(間奏)
昨夜、私は奇妙な夢を見ました
私は前に夢を見たことがなかったです
私は世界のすべての合意した夢を見ました
戦争に終止符を打ちます。

人類の理想は世界中から兵器がなくなって戦争がなくなること。
すべての人々がセーノで武器を楽器に変えてしまえば平和な世界が来るはずなのだが
誰もセーノで捨てようとはしない。捨てないから重武装で国の守りを固める。
自分の国を防衛するために重武装するのだ。みんな平和のために。
人類は神ではない。いや神々も愚かな争いをしてきたらしい。
人類がこの歌のように理想郷をつくることはむずかしいだろう。
核武装の危険な均衡の中で人類はどこまで生存を許されるのだろうか。

この歌は涙が出る内容です。本当にこんな時代が来てほしいです。戦争をして極楽に行くことができるという宗教と、無抵抗で死んで極楽へ行けるという宗教の対立? いや殺されても抵抗しないのであれば虐殺者の側の平和が成立する。9条信仰の平和はそういう平和だ。生きようとすれば、奴隷の生存を是認しなければ戦争は終わりません。戦争が起こせない核兵器の均衡の中でしか今の愚かな人類は生きることができません。悲しいですが、核兵器はなくなりません。

https://plus.google.com/u/1/photos/114607791029559161037/albums/6150023341861988193

https://plus.google.com/u/1/photos/114607791029559161037/albums/6149633977356786145

https://plus.google.com/u/1/photos/search/%23AutoAwesome

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック