本日兄と母の実家の菩提寺に行った。母の家の墓が絶家になるのが気にかかり両家の墓にするために。

 もともと子供のころに母の実家を継ぐように言われて子供だから嫌がった。しかし、独身で亡くなった母の妹、R叔母にはかわいがってもらっていたので、今でも家には両家の仏壇を祀っている。墓は別荘のようなもの。という人もいるが敦賀も白金も自分が生きているうちは責任を持つつもりだ。子供がどう考えるかは未知。遺骨は海に捨ててくれというのも団塊の世代のはやりのようだが、自分には先祖に対する気持ちにそういう選択肢はない。何かいつも先祖の愛に包まれていると感じるからだ。自分の墓が無縁仏とされてもそれはそれ。ただ自分の生きている責任と先祖に対する?からの愛は忘れない。こういうのも日本の信仰なのかもしれない。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック