インドでは言論と表現の自由を侵害するとして、違憲判決。日本では泥棒に泥棒と言ったら名誉棄損の有罪です

 インドでは18日、アジアン・エイジ紙が加藤前支局長の写真付きでロイター通信の記事を掲載。ネール大のプレム・モトワニ教授は産経新聞の取材に「無罪は当然。公平な判決が出て本当によかった。民主主義国家の韓国で有罪はありえないと思っていた」と述べた。

 今回の裁判についてのインド・メディアの報道は控えめだが、「世界最大の民主主義国家」を自負する国民の言論の自由への関心は強い。今年3月には最高裁が、インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷などをした者に最高で禁錮3年と罰金の刑事罰を科している情報技術法の条項について、言論と表現の自由を侵害するとして、違憲判決を下している。(ロンドン 岡部伸、ベルリン 宮下日出男、ニューデリー 岩田智雄、モスクワ 黒川信雄)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/asia/sankei-wor1512180056.html

2015.12.18 19:21
【本紙前ソウル支局長無罪】
「刑事上の名誉毀損の廃止を」 国際新聞編集者協会が見解

【産経前ソウル支局長判決】
 世界の報道機関の会員組織「国際新聞編集者協会」(本部・ウィーン、IPI)は18日までに、「(産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する)無罪判決を歓迎するが、韓国での刑事上の名誉毀損(きそん)の廃止を改めて求める」とする見解を発表した。

 無罪判決について「韓国における肯定的な先例になると歓迎する」とする一方、「ジャーナリストが仕事をした結果、懲役刑を科される恐れがないことを保証するため、名誉毀損の法律を改正することを求める」とした。韓国の刑事上の名誉毀損については「国際的な法基準から著しくかけ離れており、ジャーナリストを萎縮させる」とも指摘した。
http://www.sankei.com/world/news/151218/wor1512180047-n1.html


{別に私は私の裁判の相手を泥棒といったわけではありません。ミニコミ誌東久留米新聞に書かれていた汚職のうわさは本当なのかはっきりさせるべきだと主張しただけなのです。が360万円も取られてしまいました。盗人に追い銭とは言いませんが。。}

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック