武蔵野徳洲会病院開業して6か月だそうです。田無向台

朝8時半に家を自転車で出て9時。10時半ごろから内視鏡の担当医師豊田先生の診察開始。
それまで内視鏡施術患者がいたので遅れたそうです。11時から20分ほどお話をして3月9日の施術に決まりました。
12時頃にはATMでクレジットカード払い完了。薬代込みで1800円でした。おそらくいままでの病院の半額くらいの感じでした。

徳洲会の良いところ
1、電話をかけたとき患者側を待たせそうだと折り返し掛け直しましょうかと聞いてくれる。
他の病院では医師が出るまで患者は待って当たり前の対応でした。
2.メールを送ったら数時間後には返信いただきました。
他の病院では、待たされすぎてメールを送ったが2日無視でこちらから電話を掛けたら、診察内容を開示する気がないといわれました。
3.医師の説明は行き届いています。
4.料金が他の病院に比べると昭島でも感じましたが割安な感じです。他の医師が徳洲会の進出に反対する気もわかります。設備がよくて安いし親切。
5.何よりも医師の情報がHPで公開されていることです。
他の病院ではだれが内視鏡施術してくれるのか不明なままでした。内視鏡の指導医という豊田医師にお願いするほうが安心です。
連れ合いが他の病院で胃カメラ内視鏡をしていただいた先生は下手だったといっていました。お名前もわかりません。

 そうそう、私は徳洲会病院の関係者ではありません。昔、武蔵村山に徳洲会病院をつくる徳田虎雄さんの情熱に打たれた一人です。東久留米市長が野崎しげやさんのとき、市長に了解をいただいて、東久留米に徳洲会病院を誘致の打ち合わせをしました。徳田先生須磨先生のお話も聞くことができました。徳田先生が紹介してくださった事務局長さんと後日連絡を取り合って聞きましたが清瀬と東久留米はベッド数が合算するため、東久留米に病床を増設することはできない。介護施設なら可能といわれました。東久留米ではその後それなりの大きい介護施設もできましたが、公正な?入札なのか、徳洲会は応札しなかった?とききました。
 昭島に徳洲会病院ができて、遠いところでしたが、順天堂病院の予定がとれずその紹介状で昭島の徳洲会病院で皮下脂肪のかたまりの切除手術をうけました。若い医師でしたが適切な施術でした。

 二か月ほど前に花小金井の駅で徳洲会病院が田無の向台にできたと知って東久留米に作れなかった徳洲会がやっと隣市にできたのかとホッとしました。
 
 今までかかっていた医院では内視鏡の日程が詰まっていて旅の予定にぶつかるとすぐ1か月先になってしまいました。
 今回も、7年に一度の祭りがあると最近知ったので日程変更を依頼したのですが、先生のご機嫌を損ねてしまい、電話にもなかなか出てもらえず、メールにも返事をいただけない状態でした。今回の日程なら最初に予約した日にちと変わりませんので感謝しています。
 医師と患者の関係はどちらにしても、ことさら居丈高なのも卑屈なのもいけません。気持ちの良い徳洲会病院の対応には感謝しています。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック