南方まんだら宇治拾遺物語比較。男色か手淫か。

画像

画像


https://goo.gl/photos/mo4RmJdPjsEBQoBd9
画像


 南方熊楠氏は宇治拾遺の11にある不犯の僧を集めた正俊の話。熊楠氏は、僧の言う「かはつるみ」を男色と見たが、この解説本は一説にはとしている。前後の他の僧の大笑いしたという態度を見ても、この「かはつるみ」は解説
のように手淫とするのが妥当に思えた。 博覧強記といえば南方熊楠といわれる人だが、重箱の隅をつっつくと、
こんなご愛嬌もでてくるようだ。
 既成宗教の堕落を突く熊楠ですからこのくらいのハッタリは必要なのかも。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック