民進党の宣伝は日本への侵略を敵国にお勧めするようなメッセージでした。

 格差は拡大している?ミンシン党福山さんの耳に聞こえの良いコメントを聞きました。あれはかつて日本に社会主義革命を作ることが正義と勘違いしていた私の発言と同じです。
 社会主義運動はいつの時代でも時の政治権力に対してアンチテーゼを提起することが仕事です。どんな問題でも自分たちが権力を握るまですべてに反対論拠を探し出します。自分たちが権力を握るとなんでもあり。かつての人民への共感も思いやりもどこかへ放り出しチャイナの独裁者たちは私利私欲に精を出しています。独裁は右も左も思いやりを見せかけて共産主義の素晴らしさから説得してきます。左右の共産主義というとおかしく聞こえるかもしれませんがファシズム=一体になるという意味では左右独裁主義はファシズムも共産主義も全く同じ悲劇を生むものです。
 安倍首相の一生懸命なわが身の命も国民のために使う献身的な政治活動を独裁などと批判する人も反対側にはいるようですが、まったく独裁の意味を理解しない誤用です。だいたいの独裁者ははじめは優しいことを言って多数派を作ろうとする。今の日本共産党のやり方です。福祉関係にかかわる昔の学生運動崩れが私利私欲に福祉を利用する姿を私は嫌というほど見てきました。
 既得権益利権にまみれた左翼の私利私欲利権政治隠しに国民は騙されてはいけない。

 今の日本は世界でも格差が少ないまれな良い国だとは左翼も十分に理解しているはずです。

 政権奪取のためになんでも誹謗しているだけです。右も左もの私利私欲の政治屋を追放する目を持ってほしい。安倍首相をつぶしたいのは日本侵略を狙う人々。自民党の中にも左翼の中にも巣くう護憲という侵略勢力の化粧に騙されてはなりません。騙されてきた私本人が言うのだから間違いない。
 
 護憲!良い憲法? 侵略に対して手も足も出せない交戦権という交際法上の権利すら放棄した無力国家を強制する憲法のどこが戦争しない憲法でしょうか? 戦争を仕掛けてくださいと強盗に宣言している憲法です。私も社会主義チャイナの親派の時は護憲といいました。結局は日本を無力な存在にしておきたい侵略者の精神コントロールに乗っかっちゃっただけなんですね。

 侵略者に対してやられるままに無抵抗が良いと坂口安吾が言ったと昔の「ナショナリズムへの羞恥を」という左翼本に書いてありました。
 悟りを開いた宗教家はそうであるべきかもしれません。自国民が夜の海辺でさらわれていったこと。
自分の家族が侵略者に強姦され殺されても無抵抗であるべきという憲法のどこがまともな憲法なのでしょうか?
 今の憲法で自衛官が身を捨てて反撃してくれたとしても、その自衛官は今の憲法では殺人罪に問われる可能性が高いのです。軍法会議が存在しない日本の自衛隊は敵国の捕虜になったとき軍人として正当な扱いを受けられない危険もあると聞きます。このような危険で敵国にしか利益がない日本国憲法を大切に守るということは気づかないまま敵国の利益のために働かされているということです。
 戦争が起こされない国にするためにも日本国憲法の危険性を日本人なら理解すべきなのです。
 今の憲法は無防備であるため侵略者の戦争意欲を引き起こさせる欠陥憲法に他なりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック