忖度で架空売り上げ? 不正を生む?忖度?アホNHKのなんでも批判

忖度で架空売り上げ? 不正を生む?忖度?アホNHKのなんでも批判がお粗末すぎる

 あまりにも馬鹿臭くて書く気にもならないお粗末な誘導報道だが、2日にわたって放映されているのでかなり堅固なアホNHKの意図を感じるので説明しておく。
 私は車のセールスを革命運動が挫折したあと1年間勤務。さぼり癖を生んだ後このままでは自分は腐ると退社。トラックの運転手をやった。東名で横転事故を起こして退社するタイミングを失って正社員にしてもらってしばらくして新聞広告で事務機セールスの募集を見かけ入社。
 車のセールスに比べドアツードアの営業から学校という気分転換ができる場所への営業で気分一新して売り上げも向上し、独立自営を考えて日商簿記二級を会社帰りに職業訓練校に通い取った。
 生意気なままだったので、特に売り上げが良いときなど映画を見てきたなどと課長にも言っていたのでにくんでいたことだろう。営業は売れればさぼっても帰ってもいいのだ。
 売れない先輩を無視して6時にはお先に失礼してきたので学校にも通えた。
この事務機販売会社には5年間お世話になった。
 架空売り上げは売れない先輩でやっている人がいた。別に「忖度」など全く関係ない。売れるように地道な努力をしない人だったから売れないだけで、売れないことを架空売り上げでごまかし、月が替わればキャンセルされましたと嘘の報告をしていたようで、いつまでもそんな嘘は通用しない。
 その人は首になった。忖度でも何でもない。楽しようとすれば売れないだけ。
ちゃんちゃらおかしい。独立自営は会社の看板を背負っての営業と違い楽ではなかった。同じ会社の社長になってもおかしくないと思われていた先輩所長なども独立したが失敗した人もいる。ごまかしや調子がいいだけでは営業は務まらない。信頼される熱意と誠意が欠けた●●通信などの詐欺もどきの営業を強行する会社は顧客の信頼を失うのも早いので子会社をバタバタ作っていた。この不正社員はあの会社での「忖度」だったのか?

 革命運動は上部組織社会主義協会が人力派と太田派に分裂したおかけで挫折した。
自分なりに生活するために営業マンとして生きてきた。公務員になってきた運動の元同志が多いが、公務員の中でも左翼として入ってきた職場でその意思を自分なりに総括できて転向できた人もいるかもしれないが、中途半端に革命の入り口で逡巡してきた教師になった人などは組織で飯を食ってきたのと同じで、やくざのように足抜けが難しいのだろう。
 自分は飯の種は自分で獲得してきたおかげでしがらみがなく自由に転向することもできた。共産主義が間違っていたのを気が付いても、それを信じてきた自分の過ちを特に歴史学の世界に身を置いた人々など苦しんでいるならまだましだが、誤った歴史の世界を後輩に引き継ぐなど恥ずかしくないのか?と感じるが、気の毒なのかもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック