ファシスタたらんとした者:西部氏自死。ファシスタ=統一した運動を組織しもって政治を変えようとした者。

西部邁さん死去、多摩川で自殺(か。は西部氏に失礼。拳銃自殺を図るも入手先のヤクザの友人が死んだために他の方法を決めていると遺言になった氏の「ファシスタたらんとした者」を見よ。
 ゼミナールの番組で遺言のように感じたので去年出版時に読んでいた。イケダに驚きはなかった。氏のゼミナール番組を最近は良く見てた。上念司さんの解説に同感することが多くなったイケダとしては西部さんの見解全てに特に日本の独自の核武装など上念氏の日米同盟にコストメリットを見出す見解に同感する。しかし米国への警戒は西部氏の警告にも共感する。連帯を求めて孤立を恐れなかった氏のご冥福を祈る。:イケダ)
2018.1.21 16:26

評論家・西部邁さん死去 多摩川で自殺か 78歳、正論執筆メンバー

西部邁氏(桐原正道撮影)
 保守派の論客として知られる評論家の西部邁(すすむ)さん(78)=東京都世田谷区=が21日、死去した。

 警視庁田園調布署によると、同日午前6時40分ごろ、東京都大田区田園調布の多摩川河川敷から「川に飛び込んだ人がいる」と110番があった。飛び込んだのは西部さんで、署員らが現場に駆け付け病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 同署によると、目立った外傷はなく、付近で遺書のような文書が見つかった。自殺とみられる。

 西部さんは21日未明から行方不明になっていた。同居する家族が探していたところ、多摩川で流されている西部さんを発見し、通報したという。

 西部さんは北海道出身。東大経済学部に在学中、全学連中央執行委員として安保闘争に参加し、学生運動の指揮を執った。大学院では経済学を専攻し、横浜国立大や東大などで教鞭(きょうべん)をとる傍ら大衆社会論を軸とした評論活動を開始。「経済倫理学序説」で吉野作造賞、「生まじめな戯れ」でサントリー学芸賞を受賞した。


西部邁氏(桐原正道撮影)
 東大教授時代の昭和63年、助教授の推薦をめぐって教授会で否決されたことに抗議して辞任。(ファシスタたらんとした者P142によれば中沢新一を推薦した西部氏に対して大方が賛成していたのに共産党を中心とした反発でつぶされそれを機会に辞職した。とある:イケダ)以降、テレビの討論番組などに定期的に出演し、晩年は自ら発刊した月刊誌を舞台に言論活動を展開した。

 正論執筆メンバーで、平成4年には戦後日本でタブー視された改憲論を正面から取り上げるなどの精力的な評論活動により、第8回正論大賞を受賞した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック