チャイナへ北朝鮮は助けてくれと言いに行ったのか?私は米と話がついたと報告に行ったと思う

 トランプが強硬だからチャイナに泣きついたというのが、虎ノ門ニュースも含めて多くの論調だ。
トランプはチャイナと北朝鮮を結びつけるような方向で交渉を持ち込んだだろうか?
米国のネオコンが飼って来たと私には見える北朝鮮を簡単にチャイナに組み込むだろうか。
いくらトランプが米ネオコンの世界支配と戦っているとしても、チャイナの世界支配への野望を助ける方法は取らないだろう。クリントンまでの米国ネオコン支配時代は米国はチャイナと太平洋分割支配にも協調していたと思われる。
 少なくともトランプにはそういうネオコン的な世界支配への野望は少ないと見えるから。

 北朝鮮とは生き残りの保証を与え、拉致被害者と言う日本の人質も日本に大金を払わせてこの間の緊張を解決するのではないか。核廃棄は実現させるだろう!!!と思う。オバマ時代のような無様な平和賞につぶされた取引はしないだろう。平和賞は実態を伴うものにできる信念がトランプにはあるように思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック