子供たちにさらなる反日教育を徹底させる仕組みが完成してきた

歴史上、類を見ない最悪の教科書ながら、
名だたる有名進学校に採用されてしまった『学び舎』の歴史教科書を徹底解剖。
https://www.youtube.com/watch?v=sSIa2qAz7Kk
竹田恒泰さんが紹介してくれた教科書をもし文科省が合格させていたら、日本はおしまいです。
徹底した左翼は日本解体が目的ですから、日本を良くしようというのは左翼の目標ではありません。
 さすがの藤井厳喜先生もそこのところは勘違いされていたニュース女子でしたが、
 教育を支配するのが左翼の目標でしたから、共産主義者を文科省事務次官までもってきた左翼の大きな目的は
第一段階成功。第二段階サヨク教科書合格。この意識を戦後70年のなかで浸透させてきました。
 しかし50年たって公開されたベノナ文書。20年間研究されてきた米国の秘密文書では徐々に戦後作られてきた
歴史がそれこそ修正どころか偽造の歴史であったことが証明されているのが現在です。

 竹田さんは面白おかしく説明してくれていますが、この事態はきわめて深刻なサヨク教育が文科省と一体となって
歴史を公然と偽造し、子供たちにさらなる反日教育を徹底させる仕組みが完成してきたということです。 

 このあとNETで検索したら、NHKや池上彰が絶賛しているらしい。深刻なサヨク思想による日本侵略の成果が
でているようです。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック