BPOというのもサヨクの塊ですが、古舘さん安倍政権を批判するとホントに干されるなんて思っていますか?役者さんは安倍政権を擁護すると干されるのがホントなのでは?

どこかの胡散臭い朝日のnet新聞の記事をみて驚きました。

 古館寛治さんは サヨクの立場でいると役者の仕事が干されると本気で思っているのですか? むしろ安倍政権を批判しないほうがサヨクTV新聞の独壇場では干されるのではないですか?
 サヨクマスコミを批判する言論に対してはネトウヨ、差別、ヘイト等々の言論を封殺する合言葉で言論内容には踏み込まないままレッテル貼りで言論そのものを封殺してきます。百田尚樹さんの一橋大学での講演会中止も、最近のyoutubeでの多数のサヨク批判番組に対しても内容の論戦に入らないように番組そのものを権とかエロ、ヘイトなど全くの番組削除だけを目的に組織的な番組妨害を行ってきています。このような事態はナチや戦前の軍部官僚独裁の時代を彷彿させる異常事態にも比肩されます。 
 元々サヨクの言論統制は厳しいものですが、他国の独裁に比べると民主的であるからこそ異常なサヨクによる傍若無人の言論封殺がされているのが日本です。
 安倍政権をナチスなどと腐しても名誉棄損すらされないサヨク独壇場の日本のどこにサヨクの不満があるのでしょうか?
 憲法の改正を行われたら困るのは日本人ではなく日本侵略を100年計画で進めている侵略国家侵略勢力でしかないということ。
 元々この国を社会主義主義国家にする理想に燃えていた日本社会党員であり社会主義協会員だった私だからこそ当たり前のこととして理解してきたことです。

 70年安保の時代私は本気で自民政権が 自由と民主主義を踏みにじるナチのような奴らだと信じて護憲運動の先頭で命を懸けて社会主義革命を実現しようと戦っていました。護憲とは社会主義革命を実現する最も重要な戦術ですから当然の活動でした。
 国内で社会主義革命を実現するためには最も危険な暴力装置は警察以上に自衛隊の軍事力でした。そのために自衛隊を無力化する憲法9条は最も効果的な社会主義革命への援軍だったのです。
 その後のソ連の高級官僚による独裁とシナ共産党の独裁と異常な人民大虐殺は社会主義革命への幻想を全面崩壊させるに充分でした。
 日本政府とシナ朝鮮に身売りした反日勢力の陰謀によって日本国民は世界の中でも異常に国民の財産をシナ朝鮮に吸い取られ日本の技術を盗んだシナ朝鮮に日本の先進産業の巨額の利益をかすめとられてしまった。
 安倍政権をナチと腐す人たちは彼らが敬愛するシナ朝鮮の独裁ぶりと安倍政権の政治を比較してみたことがあるのだろうか?反日侮日の人たちは。。。


???たとえ干されようとも??? いだてん俳優古館寛治、覚悟の政治発言 
 
2019年7月14日15時00分

古舘寛治さん(事務所提供)

 芸能人が政治に絡む発言をすると、ハレーションが起きる――。SNS上では見慣れた光景だ。大河ドラマ「いだてん」の可児徳役で知られる俳優の古舘寛治さんもその一人。最近になってツイッターでの政権批判のツイートが度々注目を集めているのだ。古舘さん自身、「仕事を干される」覚悟で発言しているという。俳優生命をかけなければならない理由とは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント