南シナ海はすでにシナの独壇場。無能オバマが習近平に騙された結果が、着々とシナの軍事占領沖縄への拡大を許している

「北戴河」に身構える習主席、南シナ海軍事演習の真相 編集委員 中沢克二 米中衝突 習政権ウオッチ 習政権 コラム(国際・アジア) 中国・台湾 朝鮮半島 北米 (1/2ページ)2019/7/10 4:30日本経済新聞 電子版 保存 共有 印刷 その他 中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞 中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞 大阪での20カ国・地域首脳会談(G20サミット)の初日だった6月28日の午後、恒例となっている参加首脳らによる記念撮影の際、極めて異例の光景が出現した。中国国家主席、習近平(シー・ジンピン)が自ら米大統領のトランプの前までわざわざ動いて握手を求めたのだ。 G20大阪サミットで集合写真の撮影の際、中国の習近平国家主席(手前)はトランプ大統領の前に自ら進み握手を交わした(6月28日午後、大阪市)=代表撮影 画像の拡大 G20大阪サミットで集合写真の撮影の際、中国の習近平国家主席(手前)はトランプ大統領の前に…

続きを読む