悠仁さんは性格が悪い?という話を作り流している勢力の目的は女性宮家による天皇家という日本の解体

http://ikedaharuo1.at.webry.info/ 続きはこちらでご覧ください。

Facebook:HARRYIKEDAHARUO 

 秋篠宮 男児 悠仁さんは性格が悪いらしい? と連れ合いがTVを見て口にした。そういう印象を作っているのは週刊誌、
反日メディア、日本の皇室の男系男子の伝統を壊したい勢力の情報操作にのせられたこと。

 反日勢力の情報操作はまずは女性宮家を作ること。どこがいけないのか。女性差別だ。という情報操作。
 
 皇室に崇敬の気持ちが欠けている私だが、日本という国が皇室の神話からの伝統が史実かどうかは別にしても、その長い歴史で作られてきた国民の一体感を解体することが日本を侵略解体したい人たちには重要な戦略だろう。私の連れ合いにもそういう情報が注入されている。マスコミは新聞TVもちろんNHK含めて、ほとんどが電通に支配されている。日本の国力を解体し続けてきた反日勢力に他ならない。

 皇室の男系男子の伝統にくさびを打ち込むことが反日護憲勢力の第一の課題になっている。皇室が大切というよりも、日本人の心の支えになってきた天皇の存在の根幹を揺るがす民間人を天皇にする弓削の道鏡のような陰謀事件を女性宮家創設によって起こされるのであれば更に日本解体が進むということは間違いない。
 皇室は日本国民全体の心を一体化することができる唯一の象徴なのだ。基本的人権を認められない皇室は国をまとめるための必要不可欠な機関である。日本は海外諸国と違うのは八百万の神々に敬意を持つ国民という特性を持っている。他国の絶対神に拝跪している日本人も自然に敬意を忘れず故郷を愛している。皇室はその自然の中にいつの間にかアル存在だ。それが日本が世界の平和を導くことができるアルものといえる。皇室という機関の伝統が絶対に必要なのは世界平和の鍵だからなのだ。

 戦後教育では今まで戦争を世界中に引き起こしてきたのは軍国主義とファシズムナチズムと教わり、社会主義が世界を統一すれば平和になると教育されてきた。

 しかしながら米国の50年非公開文書が公開されてから多くの秘密が知らされてきた。

 日本の研究者も知らせてくれている。
日本の真珠湾攻撃を米国は暗号解読で知りながら攻撃させた。
米国首脳の中に多くの共産主義者が紛れ込み、日本の戦後教育、憲法9条の強制も米国内の共産主義親和勢力の指示だったこと。
シナ共産党が延安にまで逃げていたのが急に強力な軍備を持つことができて国民党を台湾に追いやることができたのも米ソの支援。
朝鮮戦争も米国とソ連のなれ合いで起こされた。米国マッカーサーがシナ共産党の軍隊に徹底した反撃をすることを止めたのも、戦争開始をソ連が妨害しなかったのも米ソを支配する世界金融資本支配。
世界紛争状態を続けさせ世界中の民衆の命を犠牲にして戦争を続けさせてきた米ソ冷戦という欺瞞をオバマ大統領まで世界を紛争状態に追い込んできた世界の闇の勢力。
その支配を止めているのがトランプ大統領ということ。

 不法移民を許さないというトランプを民族差別と的外れの攻撃を紛争で世界支配してきた勢力は攻撃している。
トランプ再選をさせないために必死だ。もう一度世界中にテロリストの暗躍と戦争をばらまきたい勢力は表面は反戦平和を目指すかのように装う。日本の沖縄反基地勢力も基地を減らすことよりも紛争状態を長引かせることが目的の北朝鮮や韓国の反日勢力の独壇場になっている。韓国に日本へのゆすり集りの方法を伝授したサヨク弁護士勢力がBPOで我が物顔に言論の封殺を続けている。曰く、サベツヘイトを許さない!??? 彼らこそサベツヘイトを捻じ曲げて言論統制を仕事にしている。
 北海道のアイヌを利用して補助金詐欺同様の手口も日本のサヨク官僚を巻き込んだ補助金詐欺になっている。サヨクと既得権益亡者の官僚政治屋による税金の簒奪方法は日本を解体する寸前まで巧妙に仕掛けられてきた。

 憲法9条とは世界の紛争状態、不安定な火種を作り出すために、世界金融資本米シナの旧型支配層の利権支配のための道具に過ぎなかった。
 憲法9条による無防備だからこそ戦後の日本は北朝鮮に100人とも言われる日本人を連れ去られた。韓国に竹島を侵略され、シナに尖閣を蹂躙されている。日本の憲法9条を改定して外国籍軍隊やテロリストによる暗躍をきちんと厳格に処罰できる国に品格を向上させなければならない。
  2019令和元年8月19日  池田孟夫はるお

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント