キンセイオンがブンザイトラを罵倒する姿は本物か?私はフェイクだと思う。

 ブンザイトラは忠実な北朝鮮の手先になっているのは間違いない。
自衛隊のP3Cが韓国海軍が北朝鮮の船に接弦しているのを見たとき、韓国海軍はあわてて日本の自衛隊に
レーザー照射をした。見られてはならないことを見られたからだ。
 その一つの可能性。国連制裁物資の密輸。その中には今。何回も打ちあげているロシア製とはじめ言われていたミサイル。防御ができない最新型を北朝鮮は手に入れたという。それが最近の報道では米国製と言われている。
韓国が密輸したとしか考えられない。
 二つ目の可能性。当時、キンセイオン暗殺未遂の北朝鮮軍人が逃亡していたらしい。その逃亡者を韓国が捕まえて
北朝鮮に送り返した可能性も言われている。
 それだけ従順な属国である韓国をキンセイオンが罵倒し続けるのは合点がいかない。
 私は、その蜜月関係を糊塗するフェイク、偽装でしかないとみている。

 未だにブンザイトラ政権を米韓と日米の軍事同盟の一環として重要などとほざく武藤元韓国大使のようなシナと米ネオコンの手先の官僚群が日本には多すぎる。文科省の元事務次官前川が面従腹背をモットーに事務次官をやり、天下り禁止の法律違反を恥じない税金泥棒サヨクぶり。財務省、害務省の国益よりもネオコンの利益=シナ=サヨク戦争勢力の利益に追随する国益棄損官僚群。シナに魂も懐も金玉もすべてを握りつぶされている護憲政治屋どもによるシナへ国土を譲り渡す腐れ政治屋群。

 毎日新聞の記事で、大日本帝国を夢想する右翼思想家。みたいな批判をする人がいた。週刊金曜日という全面的に日本解体を目指すサヨク雑誌にも寄稿する人の言。政治権力に寄り添う右翼。と批判している。

 私は、どっちが権力に寄り添う側なのか。元サヨクの反権力の立場から見る。実は安倍政権いは政治権力を握っているようだが、実態はネオコンサヨク財務省、シナべったりの害務省、護憲利権金権まみれの政治屋どもの包囲網の中にある。政権を批判するのが立憲精神などと議席が少ないサヨク政党が言っている。そのバックにはシナや米ネオコンの利益を守る護憲勢力がどっしりと構えている。
 金権利権私利私欲の権力の側は安倍政権の真反対のシナサヨク米ネオコンの手先の朝日毎日東京NHK電通の側にあるのは明らかではないか。
 護憲反戦平和を口にするのが、最も好戦的な勢力のお題目だということをいつか全国民が理解するだろう。
その時間が遅すぎないことを心から祈っている。
 その「平和」好きな勢力がこっそりと応援しているのが人権を弾圧しウイグルチベットなど諸外国を侵略占領し人命を軽んじて虐殺し続けているシナなど最も危険な国々であることは忘れてはならない。
 このような言論はサヨクマスコミは巧妙に弾圧し抹殺し続けているのでどこまで続けられるか不明だが。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント