日高、日立、火炎。田中英道。高橋克彦。から興味深い高天原はどこか?

 今年の7月8日から地元の八幡神社を毎月参拝することにしてなんとか旅の日を除き続けている。妻が克彦ちゃんという堰向時代の高橋克彦さんの幼馴染らしく。親近感がある。火炎などの坂上田村麻呂との東北蝦夷の戦いというよりも友情。本当かどうか別にしても面白い。京都へ行ったとき坂上田村麻呂の墓を知りお参りした。小さな古墳のようでした。少し大きい墓。火炎の高橋さんは当然というべきか金田一京助の新説の小説になっている。 以下はWikipediaから。  日高見国 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 日高見国(ひたかみのくに)は、日本の古代において、大和または蝦夷の地を美化して用いた語。『大祓詞』では「大倭日高見国」として大和を指すが、『日本書紀』景行紀や『常陸国風土記』では蝦夷の地を指し大和から見た東方の辺境の地域のこと。 解説 『釈日本紀』は、日高見国が大祓の祝詞のいう神武東征以前の大和であり、『日本書紀』景行紀や『常陸国風土記』での日本武尊東征時の常陸国であることについて、平安時代の日本紀講筵の「公望私記」を引用し、「四望高遠之地、可謂日高見国歟、指似不可言一処之謂耳(四方を望める高台の地で、汎用性のある語)」としているが、この解釈については古来より様々に論じられている[1][2][3]。 例えば、津田左右吉のように、「実際の地名とは関係ない空想の地で、日の出る方向によった連想からきたもの」とする見方もある[4]。神話学者の松…

続きを読む

東京オリンピックが札幌へ。独裁政治を進める韓国政権。

東京オリンピックが札幌へ強行?小池知事に同情があつまる。IOCと縁を切るべきだろうな  聞けば聞くほど、ってテレ朝を監視しているんだけれど。やすらぎの刻まで。  TBSは日曜9時ドラマ下町ロケットからずっと面白い。グランメゾン東京は更に迫力がました。キムタクの力だな。。。  この札幌へは、自民党森さんとIOCの結託による小池さんへの嫌がらせだろうな。 でもこれで東京だけが痛みを負担することでどこまでも揉めるのも小池さんとしては難しいと森IOCは見ているんだろう。オリンピックみたいに金バッカ勝手に使わせる行事。別のインフラ整備にまともに支出したほうがましだったね。  ソウコク前法相の宣伝動画を韓国法務省が残しているらしい。検察改革というサヨク独裁政治の確立を狙う彼らの言葉、動画こそ見ていると全く 盗人猛々しいとはこういう動画のことを言うのだろう。開いた口がふさがらない。 はり池田 孟治夫 4時間前 · 朝日新聞デジタル · テロリストの側に立つ朝日新聞!!やっぱり腐ってるね。 ASAHI.COM|作成: 朝日新聞(THE ASAHI SHIMBUN) IS指導者死亡、成果誇るトランプ氏「泣き叫び逃げた」:朝日新聞デジタル  「史上最悪のテロ組織」とされる過激派組織「イスラム国」(IS)を率いたバグダディ容疑者が、米軍特殊部隊の作戦で死亡したとトランプ米大統領が27日、発表した。トランプ氏は、「バグダディの死は、米国の容... はり池田 孟治夫 …

続きを読む

森参院議員嘘つき放題神経破綻

メルマガ「週刊正論」      令和元年10月23日号 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 「避難所でワインを出せ」報道は「悪質なデマ」か いま永田町で話題となっているコラムがあります。平井文夫フジテレビ報道局上席解説委員の「永田町4コマ劇場」で、タイトルは「避難所でワインを出せ? 国民を災害からどう守るか議論しない国会に幻滅した」(16日配信)です。このコラムにかみついたのが、15日の参院予算委員会で質問した森裕子参院議員(国民民主党)でした。どんなやりとりだったのか紹介します。  平井氏のコラムは次のような書き出しです。 「台風被害を受けて国会ではどんな議論が行われるのか期待して昨日の参院予算委の議論を聞いた。驚いたことに国民民主の森裕子議員が『イタリアの避難所ではワインが出る。だから日本も抜本的に変えましょう』と安倍首相に繰り返し迫っている。日本の避難所でも酒を出せということなのだろうか。この人何言ってるのだろう」 (平井氏の動画はweb版「THe正論」でご覧いただけます) 森氏はツイートで反応しました。 「既に、平井文夫氏の記事を引用した森ゆうこに対する批判が拡散しております。 信用のあるFNNが発信した記事ですから、リツイートするのも当たり前かと思います。 もう一度申し上げます。 平井文夫氏の悪質なデマを即刻取り消し、拡散をストップする手立てを大至急講じてください」 「悪質なデマが一度拡散されれば、…

続きを読む

共産主義の変種と見えるスウェーデン ソ連中共に幻想を打ち砕かれたサヨクの最後のよりどころも異常な消費税高額世界

はり池田 孟治夫 15分前 · NBCNEWS.COM ID, wallet, keys all in your hand: Sweden moves into the future with microchipping コメント2件 いいね! コメント シェアする コメント はり池田 孟治夫 はり池田 孟治夫 共産主義の変種と見えるスウェーデン 編集または削除 いいね! · 返信する · 14分前 はり池田 孟治夫 はり池田 孟治夫 ソ連中共に幻想を打ち砕かれたサヨクの最後のよりどころも異常な消費税高額世界 編集または削除 いいね! · 返信する · 1分前 はり池田 孟治夫 コメントする… はり池田 孟治夫 1時間 · ラグビーの戦士を見ていると。感動する 1野島 武夫 いいね! コメント シェアする コメント はり池田 孟治夫 コメントする… はり池田 孟治夫 12時間前 · これだけハッキリ金で釣る?というのも潔い。利権政治を打破する志ある若者よ!!いでよ!!! YOUTUBE.COM 立花孝志が【ホリエモン】に見てもらいたい動画NHKから国民を守る党・衆議院選挙候補者の条件について NHKから国民を守る党のユーチューブチャンネル→ https://www.youtube.com/channel/UCRqV9tIL2RWg7NMb46sBoZw/videos 国会議員【参議院議員】…

続きを読む

台風はアメツチの祓い清め。地震も小さくしてくれたのかも!NHKを解体できなくても防衛費に金を回すべき

013台風一過晴  仏前と地元八幡神社に御礼の参拝。大禊祓いの台風が警告を超えず無事に過ごせたことに。自宅で台風を受ける経験は少ないので、今回の千葉台風15号の大災害を見せられていたので、早めに避難所に避難した。さらに大きい19号なので、さぞ大混雑と思い。孫の分も数日は持って行ったほうが良いかと、かなりの重量のザックを背負っていった。千葉のような少なくとも数日は停電の被災状態を覚悟しながら。。。  以外に12日11時ごろに出かけたが近所のスーパーにまだ買い出しにきている人々も多く。泥縄の気が付きに驚いた。車が走っているとは思わなかったので。  予想通り黒目川は氾濫も間近だった。小山小体育館避難所に着いてみたら、一組の老夫婦のみ。雨の降り方も時々、激しさは出てきた。という程度なのでこんなものかと。それでも夜9時過ぎになるともう出かけてこれない暴風雨だった。夕方から増えたが最多の人数でも50人程度。横になって眠るのは無理かと思っていた。孫たちが来なかったことに心配したが、深夜2時になって台風の影響が無くなった。川の氾濫は心配だったが、二階で過ごせば大丈夫という感じで眠った。     今回は気象庁国交省の異例の警告でかなり家の周りの片付けも徹底されていた。  心配のしすぎはない。自然の神々の猛威の前には人間はなす術がないのだから。  それでも避難せずに自衛隊や消防のヘリコプターで救助要請が起きる。これだけ 大災害起きると警告されているのに。。。自衛隊の仕事は災害救助が主な仕事ではない。防…

続きを読む

潜水艦からの核攻撃に対処する方法。大江健三郎の緑の木もサヨクも同じ。国内の保守が相互に批判するのもシナの侵略政策に…

 潜水艦からの核攻撃には撃ったら国ごと亡ぼすという強い意志を持つことでしか自国の安全を保障することはできません。  世界は恐怖の均衡にさらされている。とりわけ日本海をめぐる地域には核の均衡が平和をかろうじて支えています。決して憲法九条で私を殺しても反撃しませんというから安全なのではありません。米軍の原子力潜水艦の核がかろうじてシナの侵略を抑えています。しかしシナは北朝鮮や韓国、日本の反政府勢力を手先に使って実質的な日本のシナ化を着々と進めています。  大江健三郎の燃え上がる緑の木にも見える思想には日本を滅ぼすことが良いことだという全共闘世代の洗脳された思想が隠されています。  最近の保守の動画サイトでの重箱の隅をつつくような別の保守に対する批判は昔のサヨクのセクト対立を見るようだ。些細な対立がだんだん拡大して殺し合いになっていく。  サヨクがシナの思想的財政的な支援の下に大同団結を目指し始めているのに、安倍政権の批判の仕方で違いを強調するなど見苦しい。  菅官房長官にアイヌ新法にサヨク寄りという批判もあるが、少なくとも現在の安倍政権が財務省独裁政治を変えようとしてきたこと。外務省の米ネオコンとシナ寄りの政策から大きくタブーを打ち破る政治を作り出してきたのも菅も二階も麻生までも利用できる味方として使えるうちは共に改憲勢力に取り込まなければ改憲という日本の安全保障の重要な大黒柱を打ち立てることはできないのだ。 10月6日の和田政宗さんのブログで上の池田の指摘への回答ともいえる内容を見つ…

続きを読む