即位礼正殿の儀には感涙にむせんだが、昨晩の皇后陛下万歳に一瞬たじろいだ。こんなかけ声あったっけ??

はり池田 孟治夫 10月22日 13:23 · 天皇陛下のお言葉。感涙をもてコウベを垂れて拝聴。祈りの国主としてのこれからの陛下のご精進を国民は祈っています。安倍首相の最善の真に期待しています。 11月9日の夜、元衆院議長が掛け声をかけたのは「天皇陛下万歳」だったが、いつのまにかその後、ほかの誰かが 「天皇陛下万歳、皇后陛下万歳、天皇皇后両陛下ばんざーい」 なんか、そんなもんかなー と思いながら少し違和感があった。 ネットで調べたら、前回の天皇のときにサヨクマスコミ?らしき質問が宮内庁の質疑応答にあった。  天皇陛下万歳は戦争で死んだひとのことを思い出さないか?みたいないかにもサヨクが言いそうなことを発言させている。どこまでも日本の文化伝統を壊したい外国勢力の意思がサヨクマスコミには平然と天皇陛下に質問させている。恐ろしい日本解体の深慮遠謀が見え透いている。  この発声にもこれに対する遠慮から考えたことなのかもしれない。 突然、発声を横ドリされた元議長もぎこちなくエッエッ。。。て感じだった。打合せなし。  私は、新天皇皇后両陛下に敬愛の情は薄い。日本の歴史的伝統、神の道、その中心にある天皇陛下という機構に恐れ多い敬意を抱いている。天皇陛下が誰に変わろうとも男系男子の霊統2千年を超えるといわれるその歴史が日本の人々の重み、先祖につながる日本に対する尊敬と愛情を体現する存在機構として天皇陛下という機構仕組みの大きさを感じる。

続きを読む