与野党の議員のなかでシナチの手先が国会審議を無駄にしている証拠。残されている時間は少ない!

メルマガ「週刊正論」        令和元年12月5日号 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 【国会議員よ、仕事せよ! 原発再稼働を議論せよ】 国会は「桜を見る会」ばかりではありません。重要な会合が4日昼にありました。公益財団法人「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)は国会内で会合を開き、「日本に原子力発電を取り戻せ」と題する政策提言を発表しました。国会議員は原発再稼働問題こそ真剣に議論すべきではないでしょうか。 櫻井理事長の冒頭発言(要旨)を紹介します。 「なぜ、このような提言をいまするのか、国際社会も気候変動も激しい変化の中にある。われわれはこの時期に日本を経済的にも安全保障面でも、自立したしっかりした国にしないといけない。 われわれは日本がエネルギーにおいて脆弱な国であるということを認識している。この脆弱なエネルギー国家、日本が安心して経済活動を営み、国民生活の基盤を整えるにはどうしたらいいか。われわれは明るい電力のもとで会議しているが、この電力は大変な金を払って化石燃料を輸入して火力発電でまかなっている。それに原発を加えないといけない。 前提として、心に刻んでもらいたいのは、原発を推進すべきだということと同時に、日本は再生エネルギーに関してもフロントランナーであり続けるべきだということだ。今すぐには無理かも知れないが、太陽光発電やわが国に適していると言われる地熱発電、そのようなことを中心にバイオマスなどいろいろあるだ…

続きを読む