護憲改憲阻止反戦平和の凶産主義の工作の為の文学

護憲反戦平和という凶産文学をもてあそぶな!20200504  武漢肺炎は世界中に大混乱を生み出している。共産革命の歴史的手法に全く則っている。 経済的破綻、感染爆発という執拗なデマ宣伝の拡散。立ち上がれない疲弊を生み出せば半ば共産虐殺勢力の天下だ。  昔のプロレタリア文学は憎悪を前面に振りかざす暴力革命文学だった。  今の共産主義は暴力革命から、昔の修正共産主義、構造改革で平和的に共産主義を実現する構造に変えた。  私が50年昔に共産党から攻撃された思想を今の共産主義サヨクは華麗に変装し踏襲している。  平和を歌えば美しく、華麗な文学が生まれる。実態は反戦平和という言葉で共産主義民族虐殺思想を日本国内に導く魂胆でしかないのだ。  その本音を隠ぺいする反日勢力は野党に限らず自民党内部の親中派にも隠れている。  護憲の美しい言葉に修飾された虐殺者の本音をこそ見つめる力がなければカエルの楽園を踏みにじられる主体に大逆転することを肝に銘じなければならない。  虐殺サヨクの思想の粉飾に騙されて反戦平和というサヨクの欺瞞に気づかないものをルードとかいうらしい。   マスコミ新聞野党の影の本音にすっかり騙されて正義の味方のように安倍改憲を罵倒するルード芸能人も圧倒的多数派のようだ。地獄への道は祓い清められているのか。  世界中に紛争状態を振りまいてきたトランプ以前の米国勢力。  反日でもある親中反トランプ勢力は米国経済に打撃を与…

続きを読む