感染者数に狂乱する状態。世界をコントロールしている裏側にあるもの

facebookに加筆しました。  20200717朝のニッポン放送ラジオ宮田邦彦氏相変わらず根拠のない危機感をあおる。PCR検査は既存の古いコロナもAインフル、Bインフルも感染と反応するPCR検査。と大橋眞教授の分析をマスコミも政界も学界も意識的に無視している。  世界を混乱させたいネオコンの手先であるマスコミのコメンテーターは命令通りに世界に混乱と不安をまき散らし世界支配を今現在は実現させている。シナとネオコンで内ゲバ紛争を作り出し世界は非常事態でシナのような独裁支配を作ろうとしている。ネオコンはトランプさえ倒せば今まで通りのシナとの共同支配に戻ることができる。  世界の紛争状態は民主化闘争でも民族自立でも、どうにでも彼らネオコンシナたちは口実をでっち上げてきた。戦争は永遠に続けることがネオコンシナの目的だ。彼らの唯一の障害が、トランプ。トランプををつぶすためにシアトルで昔のパリや神田のカルチェラタンのように混乱を肥大化させようとした。  このコロナ感染者数の捏造で生み出した狂乱状態もその延長上に作られている。マスコミを先兵にしたネオコンとシナの共同作業がこの世界混乱の結論だ。  世界の支配層ではトランプぐらいしかこの実態を理解していないかのように見える。  感染者数はいくらでも増やすことが可能なPCR検査を無用なものと切り捨てるとそれに関わる巨大な左右の利権勢力が許さないだろう。  死者数が爆発していないこと。老人は普通の風邪でも死者数は少なくない。風邪に対…

続きを読む