武田鉄矢さんのトランプ大統領への誤解

武田鉄矢さんの2020年9月15日[今朝の三枚おろし]にて  米大統領トランプ氏が黒人暴動鎮に対して警察や州兵が暴動を鎮圧できない場合国軍を出動させるとトランプ氏が発言した事がシナ共から笑われた。とありましたが、まだこの収録の時点でこの問題の真実を武田鉄矢さんが知らなかったと思います。  米軍の高官がアメリカ人に対して銃を向けないとトランプ氏に反発したとありますが、もうこの黒人暴動については真相が明らかになっています。州兵を出動させないばかりでなく警察すら解体しようとした地元市長並びに民主党州知事に対する地域の治安維持のための国軍の出動もあり得るということです。  トランプ再選を必死になって阻止したい勢力は猛反撃中です。オバマ大統領時代に完成できなかったシナとの共同世界支配を阻止したトランプ大統領は今までのグローバリストの世界支配、常時紛争状態を止めた歴史に残る偉人です。  グローバリストに支配されている世界のマスコミ、金融資本、シナや米の強欲なサヨク暴力支配は常に人権や世界平和を鼻先にぶらさげながら裏では真逆なことを巧妙に続けています。  黒人差別を口実に始めた暴動を鎮圧しない軍高官は巧妙なグローバリスト支配の一翼を支えている一味に過ぎません。  トランプ大統領を精神病の様に必死になって腐し続けるマスコミの犯罪性は日本においては、日米戦争以前も以後も報道の中味は正反対になったようでもグローバリスト世界支配の手先と言う実態は少しも変わっていないのです。

続きを読む