無症状感染でワクチンなど必要ない! 利権をむさぼる方たちのでっち上げ?

大橋眞先生明確な分析
https://youtu.be/-aYEEZ-R4jw
今回の感染症において、無症状感染という言葉が主役になっています。これは、PCR検査陽性であれば、無症状であっても感染者になってしまうというトリックから発生しています。これは、指定感染症の届出の義務の仕組みを利用したものであり、この制度の欠陥を利用しています。PCR検査は、中国のグループの発表した論文に付随した遺伝子配列をもとにして、行っています。もし、この中国発表の遺伝子に間違いがあれば、すべてが間違うことになります。ワクチンも中国発表の遺伝子が正しいことを前提条件にしています。しかし、だれもこの遺伝子情報が正しいことを証明していません。ウイルスの単離が出来ていないためです。
そもそも、無症状感染という概念は、別に新しいものではありません。すべての人が、無数のウイルスや細菌などの微生物と共生しています。これまで特に問題にしなかったことを、PCRという道具を使って、問題にするようになったというだけです。そもそもPCRで検出しているものが、ウイルスであるということも証明できていません。
それにも関わらす、この中国の遺伝子情報に基づいたワクチンという名の「謎の組み換え遺伝子」を、国民全員に注射をする計画が進行中です。世界の多くの国々で、同様の動きが進行中です。私達は、このような危険な状況にあることを理解する必要があります。

(ということは無症状感染でワクチンなど必要ない! 利権をむさぼる方たちのでっち上げ?)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント