国土交通大臣公選法違反による辞任要求可決!重大な問題。輿石の開き直りを許してはならない!!!

 内閣不信任と同じといいながらこの問責の手法が問題などと輿石にいわせるのは野党が腰砕けだから。公選法違反大臣を民主党幹事長輿石が開き直っている。これは東久留米市議会議員選挙のときに桜木市議が公選法違反で桜木よしお後援会ニュースを配布したことを市議会でIkedaharuoは追及した。市議会会議録にも残っている。この問題を当時の馬場市議(現市長)と共産篠原市議は桜木擁護の意見。警察が捕まえていいないからとあなたたちは桜木さんと同じように選挙公示期間中に自分の後援会ニュースを配布するのだな。と確認した。池田は田無警察が事件を受け付けなかったので警視庁にも桜木後援会ニュースを持って行ったが、福島参議院議員の根回しなのか、警視庁も事件を受け付けなかった。警察が受け付けなければ問題ない。というのが当時の馬場、篠原など桜木擁護市議たちの腐敗した政治姿勢だった。このような公選法違反事件を警察が恣意的に取捨選択できる仕組みに問題がある。議会はそういう警察による議員を顎で使えるために貸しを作らせるようなことを許してはならない。輿石の開き直りは論外。国会ではこの問題は重大な犯罪軽視の姿勢であることを鮮明にして民主党の腐敗を追及すべきである。Ikedaharuoは警視庁の対応についても証人喚問にも応じる用意がある。いつでもお受けしますよ。

"国土交通大臣公選法違反による辞任要求可決!重大な問題。輿石の開き直りを許してはならない!!!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: