郵政民営化はすき焼きを食う離れの無駄遣いを食い止める方策だったのだが、民主党の変質で反撃がこれ!

 格差社会を作ったのが小泉改革だとして小泉が糾弾した守旧派=既得権益を解体することに抵抗した勢力が、社会主義福祉国家という名目で改革に抵抗し、小泉改革の前進をかなり食い止めた。郵政民営化は郵便貯金にかき集められた国民の資産を国家特殊法人が自由にすき焼きを食うことに歯止めをかけるものだったわけだが、郵便局の便利さなどに問題をすり替えられ抵抗は激化した。民主党は社会主義者と既得権益を守りたい政治屋と官僚が合体して改革の抵抗勢力に変質した。第一期民主党は既得権益解体のためのプロジェクト実現のため5年間の時限政党として発足した。既得権益解体の志が官僚の誘導によって食いつぶされた20120427現在の民主党に希望はなくなった。
改正郵政民営化法が成立 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427...
日本郵政グループの経営形態の見直しなどを盛り込んだ改正郵政民営化法が、27日の参議院本会議で、民主・自民・公明の3党などの賛成多数で可決され…

"郵政民営化はすき焼きを食う離れの無駄遣いを食い止める方策だったのだが、民主党の変質で反撃がこれ!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: