無職HARRYikedaharuo通信20151201号

今年も年末。年賀状は出さないのですが、とりあえず生きていることのご報告だけでも。。。

 市議会で国政の課題を語り続けて12年。はじめは環境問題で河川改修する都に対して文句をつけ、
ダイオキシンの発生で焼却炉に文句をつけ、それこそ正義と思い続けてきました。が、そういう運動の中で、
その運動を進める人の中にも真っ正直な正義感で戦う人 *だけ* ではないことに気が付きだしました。
そもそも市に対する利権の要求は革新?という側にこそ多かった。河川改修に対する抗議運動も
実際は建設業者が金のかかる工事をさせたいがために*市民の正義*を利用していたり。都側も喜んで
必要もない工事に金をかけてきたり。*見えないところに税金を喰いつぶす仕組み*は網の目のように隠れているようです。
 頭が単純な私にはこういう金権利権の吸い方に熟練した*盗人利権政治屋*に対しては無知でした。

 憲法改悪阻止こそ正義と思ってきた私ですが、その憲法9条は隣国の国益を守るために
都合よく日本の*昔45年前の若者の正義*が利用されていただけだなんて。。。
今は、本当に素直に日本の国益を守ることについて、だまされない。
 *朝日新聞に長いことだまされ続けてきた多くの人*
々にも、できるだけNETでも語られる内容をくみ取っていただけるように
様々な意見、異見が
普通に語り合える日本に生活できている幸せをかみしめて欲しいとコイネガウものです。

(以下harryikedaharuoのfacebookなどからの転載)

"無職HARRYikedaharuo通信20151201号" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: