安倍首相「無条件で日朝会談」…背景に強固な日米関係 産経新聞5.2

安倍首相「無条件で日朝会談」…背景に強固な日米関係 2019.5.2 政治 産経新聞のインタビューに答える安倍晋三首相=1日午後、首相公邸(春名中撮影)  安倍晋三首相は1日の産経新聞の単独インタビューで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と「条件をつけず」に会談する意向を示した。平成14年10月に拉致被害者5人が帰国して以来、北朝鮮は約17年間も拉致問題を「解決済み」などと無視し続け、1人として被害者の帰国は実現していない。首相はなぜ今、思い切ったカードを切ったのか。  「金氏と虚心坦懐(たんかい)に話し合いたい」  インタビューでこう語る首相の表情は、拉致問題の解決に向けた覚悟をうかがわせた。トランプ米大統領は拉致問題に関する首相の強い思いを受け止め、米国の協力態勢は揺るぎないものとなった。さらに被害者家族は高齢化が進み、時間との闘いは予断を許さない。首相はこうした背景や機会を捉え、今回踏み込んだ発言をしたといえる。  首相は拉致問題に「あらゆるチャンスを逃さない決意で臨む」と繰り返す。外国首脳との会談では必ず拉致問題への協力を求め、支持を取り付けてきた。  首相が築いた国際社会の対北包囲網は、核・ミサイル・拉致問題の包括的な解決を目指すものだ。拉致問題を非核化と切り離さず、北朝鮮で完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)が実現するまで制裁を維持し、経済に打撃を受けた北朝鮮を袋小路に追いつめる周到な戦略だ。  さらに首相は、トランプ…

続きを読む

トランプ大統領にノーベル平和賞推薦誰が戦争を推進する政策を実行してきたのか? マスゴミに騙されるな!

 護憲派という革命戦争派の陰謀に騙されるな!軍備は戦争を防止する。非武装は侵略を誘発するしかけ。  トランプ大統領にノーベル平和賞推薦。何か問題あるのか?オバマは戦争を止めなかった。トランプは戦争を止めている。どちらが平和賞にふさわしいか?ネオコンの代理人米国大統領時代は民主党共和党どちらも戦争を続ける政権。ネオコン主導政治に抵抗するトランプは画期的な平和を推進する初ともいえる米国大統領であることは間違いない。マスゴミはネオコン戦争勢力の大便代弁をしているだけ。

続きを読む

左翼独裁の言論封殺は異常。まさしく暴力的なプロレタリア独裁権力

https://www.youtube.com/watch?v=RoNjp3lMbsU  竹田恒泰さんのyoutube番組が左翼の妨害で番組停止に追い込まれたらしい。法的に業務妨害の疑いもあるといわれているが、左翼の暴力的な妨害は沖縄の反基地行動だけではないということ。言論で正面切って論争できなくなった左翼は、独裁政権と同じ暴力的言論弾圧を行ってきている。シナ共産党でも、旧ソ連独裁政権も言論での論争は許さない。暴力的に弾圧することが左翼と独裁政権の共通点。安倍政権に対する異常な攻撃も言論戦というよりも暴力的な妨害活動が目に余る。国会での左翼の妨害も同様な末期症状に至っている。  戦前の戦争への道が、一部の右翼による妄動が原因のように我々戦後世代は日教組の先生に教育されてきたが、実態は、朝日新聞などのマスコミやコミンテルンのスパイの活躍で近衛内閣も戦争拡大へと扇動された国民の声が、軍部の無謀な戦争拡大を生み出した。  情報が新聞などに集中していた時代は、国民の声をコントロールしやすかった。それが戦後もマスコミは国民世論をいつまでも自由に操ることができるという夜郎自大の勘違いにつながってきた。  ヨシダセイジの従軍慰安婦デマを世界中に拡大宣伝して自らの信用を自分で落とし込めてきた朝日新聞の信用も業界1位から4位まで落ち込んできたともいわれている。嘘をついてでも国民の情報を操作するやり方はインターネットが普及してきた現代では通用しなくなってきたのに。。。それを逆利用して左翼組織の強力さは、自…

続きを読む

忖度を都合よくデッチ上げるな!財務官僚とマスゴミの癒着こそ問題

官僚の忖度なくす具体策 皆さんのご意見は? | 伊藤さんの寄稿に一言 | 菅原琢 | 毎日新聞「政治プレミア」 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20180704/pol/00m/010/001000c  官僚の忖度なんてあるのかね? 誰よりも権力も金も持っていることを自認している財務省の官僚が、たかが政治家のために忖度するなど、  財務省にとって気に入らない政策=経済成長政策、増税に対する慎重な姿勢、マスコミの既得権益を打破する電波オークション導入への積極姿勢。今までのすべての政権が行えなかった政策を取ろうとする安倍政権だけを打破すればあとは誰がなっても財務省の言いなりの政権にできる。  その財務省が政治家や政権に忖度などする必要がない。なぜマスコミは忖度があったかのように安倍政権攻撃に必死なのか? 安倍政権攻撃のための大きな傷がないから、小役人が嫌がらせで行う行為をまるで全責任が安倍政権にあるかのように針小棒大の攻撃ネタに使うだけしか自らの存在証明ができないのが野党であり、ミスを必死に作り出している財務官僚増税一派の安倍政権打倒工作のお粗末な実態に他ならない。

続きを読む

安倍政権だけはつぶしたい財務省の子分政治家は安倍以外なら誰でも良いのだ

「野党結集で政治に緊張感を取り戻せ」 | 政権交代可能な政治へ--私は必ず実現する | 岡田克也 | 毎日新聞「政治プレミア」 https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20180612/pol/00m/010/034000c 政策の一致は財務省の言いなりに増税路線を行うことだけ。野党と財務省はその点で固く一致しているだけ。安倍政権だけはつぶしたい人たち変わればだれでも良いのだ

続きを読む

北朝鮮の核はチャイナに向けて米軍が北に駐留?韓国はチャイナの属国へ?

 こんな見方もあるらしい。当然、日本は米軍の核兵器の持ち込みを公然化させ、非核三原則の廃止もはっきりさせる時代へ。米中の軋轢は深まり、深刻化。  拉致被害者は全面解決? マスゴミの必死の安倍内閣打倒工作もそろそろ限界か。  しかし、河野洋平のようなチャイナの手先は財務省の協力のもとに安倍内閣打倒工作は必死に活発化していくだろう。安倍内閣は経済の再生を消費税廃止へむけ獲得していくことで財務省社会主義支配の戦後日本の構造を根本から変革する憲法改正へ大きなうねりを作り上げていくことができる時代の大きな節目に来ている!!!

続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 この回見ました。日刊現代ではこういう批判できるのか?

https://news.nifty.com/article/domestic/gendai/12136-034656/ 仕事ができる人は選択できる自由労働。できない人は拘束時間で給与 この働き方改革のどこが過労死を生むのか? 全国民が公務員になれば良いという発想でしか政府を攻撃できない人々は、国を崩壊させた社会主義国家の現実を忘れさせようとしているだけのこと。 よく働き実績を上げる人間が時間に拘束されない労働こそ理想的な労働環境ではありませんか?  ためにする安倍内閣攻撃は国を滅ぼすためのシナや財務省、マスゴミの社会主義的発想の亡国論に他ならない。  数十年昔、サラリーマンをしていたとき、仕事もないのに社内で時間をつぶしていた先輩連中を見て18時には「お先に」と帰っていた。営業だからだ。熱心に仕事をすればお客様はいつか応えてくれた。無駄な時間つぶしをして社内に残るのは時間の無駄だった。  その当時はまだ社会主義者だったから、早く帰って立川の職業訓練校で簿記の授業を受けた。会社の業績を把握して労働組合を作るつもりだった。結局個人経営の同業を立ち上げた。一人で始めたから経費もかからないが、信用はゼロからの出発だった。サラリーマンのような時間で上がることなどしないのは当たり前だった。坂本龍馬の海援隊の心意気で革命のためのメシの種の会社だった。そのころのお客様のいくつかは今は有名な上場企業になっている。   一教室からはじめた塾もいくつかが上場して名前も立派に変えている。当時の同業企…

続きを読む

マスゴミ新聞TVが最も恐れる電波オークションいよいよ日本も採用へ!!!

 現在の国庫収入60億円が6千億円に増収できる電波オークション!!!  現在のある既得権益のTV局は3億円の国へ電波料支払いだが、3千億の収入とのこと。  1000倍の利益率か!-! 財務省は既得権益でマスゴミと相互依存している状態か? https://www.youtube.com/watch?v=R_PJYAcZICs&t=23s  日本を代表する知識人である高橋洋一氏によれば、世界中で電波オークションをしないで TVなど電波の割り当てで済ましている国はついに世界中で日本ただ一国になってしまったそうだ。  安倍内閣へのマスゴミの異常な攻撃は、電波オークションの実現への予兆!!!  護憲というシナの手先どもの狂乱ぶりは、改憲への着実な第一歩!!!

続きを読む

安倍政権打倒のためにはイメージ操作しかできないマスゴミ財務省の共闘

 TVの印象操作は目に余る。安倍首相が加計氏と首相動静に乗らないように会うということなど不要で考えようもない。  加計氏から裏金をもらったとでも言うのなら大事件にしても良いのだが、あいにく受託収賄罪の疑いは、獣医師会から金をもらった国民民主党の玉木と、安倍首相を追い落とすために必死になっている石破はこの記事にあるように獣医師会の要望で新設できないように4条件を付けたと言う。こちらこそ事件化しなければならないことなのだが、こっちには革命左翼勢力は無視。革命に都合がいいように安倍首相の世界中での大活躍で超多忙なのをいいことに安倍首相の活動を妨害し、足を引っ張り、北朝鮮やシナの応援をしているのが、日本国内のマスゴミ財務省による革命左翼の暴挙による国内の政局妨害活動。   そのまんま東のコメントも全くの無責任コメント。 革命左翼に迎合しないとTV出演が困難というTV業界の現状は末期的症状。  このまま、日本はシナのばら撒いた金にまみれた勢力の思いのままに劣化を続けていくのだろうか!!!

続きを読む

事務次官の会談になっているのは結論が出たということ。朝まで見るほどの価値なし。youtubeで十分

鈴木宗男の説が正しいかすべてのマスコミが正しい予測をするか年内には結論が出るというだけのことじゃないですか。期待値を下げて居るるからこそサプライズがサプライズになるということ。1時間45分鈴木宗男 私は 4島基地付き返還 と予測している。 https://youtu.be/duAh4as-fkI

続きを読む

この産経新聞正論袴田氏の解説が正しいか、馬渕睦夫氏の分析が正しいのか年内に結論が出る。

 日付を見て気が付いたが、今日20161125の正論ではないのか。ほとんど内容おんなじだね。ということは誰かのためにスポークスマンをやっているということか。。。  この記事はyoutube「和の国」31回の馬渕睦夫氏の見解と安倍政権のロシア政策について正反対の袴田氏の新聞記事。いつも日露改善に悲観的なロシア通だ。元日共幹部の叔父を持つ以外はどんな背景を持つのか知る由もないが、希望的観測が誰にもあるのは否めない。まったく当たらない経済評論家が圧倒的多数の現状だが、当たらない専門家は恥を知って別の仕事に代わるべきだと思うのだが。。。袴田氏はどうだろうか。(以下は新聞からの引用です) 2016.9.6 13:22 産経新聞【正論】 北方領土めぐる認識の違いはむしろ拡大 露への楽観的思い入れを見直せ 新潟県立大学教授・袴田茂樹 会談で握手する安倍首相とロシアのプーチン大統領=2日、ロシア・ウラジオストク(共同)  2日に行われた日露首脳会談で強い印象が2つある。第1に、プーチン大統領との関係と日露経済協力にかける安倍晋三首相の強烈な熱意と行動力だ。第2は、領土交渉に対する両国の立場や認識のギャップである。首相官邸やメディアも露側の立場や発想、行動様式を客観的に把握しないまま、楽観的な思い入れでロシアにのめり込んでいるとの感を拭えない。 ≪ロシアが正面に出す強硬領土論≫  日本のメディアには首脳会談に関し、「領土問題 交渉加速を確認」「首相 領土交渉に道筋」「北方領土『きっと…

続きを読む

海自と露軍、連携強化へ 中国の北極海航路進出を牽制 昨日このブログで推測した通りの現状改善が進む

海自と露軍、連携強化へ 中国の北極海航路進出を牽制 - 産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/161124/plt1611240006-n1.html @Sankei_newsさんから 2016.11.24 06:56 海自と露軍、連携強化へ 中国の北極海航路進出を牽制  中国が日本海-オホーツク海-北極海を経て大西洋に抜ける北極海航路への進出を強める中、日露両政府が、海上自衛隊と露海軍の連携強化に向け、動き出した。12月15日に山口県長門市で予定される安倍晋三首相とプーチン露大統領との首脳会談でも極東の防衛協力はテーマの一つになる見通し。日露両政府は来年1月にも海自と露海軍の捜索・救難共同訓練を再開する方向で調整を進めている。  北極圏は地球温暖化による海氷減少が進み、航路開発や北極圏に眠る石油など埋蔵資源の権益をめぐる動きも活発化している。  中国もこれに目をつけ、2012(平成24)年以降、砕氷船「雪龍」がほぼ毎年、北極海航路を航行。昨年9月には海軍艦艇5隻が、北極海の玄関口となる米アラスカ州沖のベーリング海を初めて航行した。  ロシアにとってオホーツク海は戦略原潜を展開する「聖域」だけに中国の動きに神経をとがらせている。11年と14年には、雪龍の航路上でミサイル演習を行い威嚇した。昨年12月に策定したロシアの国家安全保障戦略では、極東と北極圏をつなぐ沿岸防衛システムを構築する方針を決定した。千島列島と北…

続きを読む

日露合意へ向けて最終合意へ! というニュースでしょう。コメントはみんな的外れです。

領土問題 日露高官が極秘会談 | 2016/11/23(水) - Yahoo!ニュース http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221839 #Yahooニュース いよいよ次官が出てきたということはほぼ合意事項は決定したということ。 安倍首相は大胆で慎重な人、大きな合意、おそらく日ロ平和条約成立でしょう。 日本は米ロ両国の軍事力を対チャイナ防衛のために有効利用できるでしょう! ここまで来たら、あとはサプライズプレゼントだけ!安倍総理は慎重で大胆な人!官僚では出来ないことを成し遂げるでしょう! 「だまされるな」コメントはサプライズには必須なことというだけです。

続きを読む