言いも言ったり真人民日報夕刊フジ190605冨坂聡のコメントはシナ共産党の宣伝文 

 トランプはシナによるパクリ経済成長から世界支配への危険に反撃を開始した。  今までの世界が全く放置してきた独裁国家の傍若無人ぶりを警戒し反撃するのは当然だ。しかしこの評論家はいつものようにシナ共産党の代弁に終始する。  シナ共産党はそうは問屋が卸さないと反撃するぞと宣戦布告。 実際にネットの世界では様々な妨害を行っている。日本のサヨク勢力もシナの代弁者として必死にシナ防衛戦線の一翼を担っている。  沖縄知事によるシナ軍艦が日本の領海でやりたい放題を放置し警戒する海上保安庁に対してシナ軍艦を刺激するななどという発言は全く容認できない。沖縄県民はこのような敵国の手先をいつまで知事にしておくのか。独裁国家の支配を望んでいるのか????

続きを読む

野田元首相の「忖度」発言を報じた本紙4月11日発行の1面記事

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190413/soc1904130005-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSoc 野田元首相も「忖度」大反響! ケント氏ツイート「定番のブーメラン見つかった」 夕刊フジ既報 (1/2ページ) 2019.4.13 印刷 野田元首相の「忖度」発言を報じた本紙4月11日発行の1面記事 野田佳彦氏  野田佳彦元首相が、菅直人内閣の財務相時代の応援演説で、「『予算を付けます』というと職務権限に関わって…」「あうんの呼吸でやっていきたい」などと、「利益誘導」「忖度(そんたく)」を疑われかねない発言をしていたことを、夕刊フジは11日発行紙面で報じた。永田町やインターネット上では、さまざまな反響があった。  「これでは、『忖度発言』で辞任した塚田一郎前国土交通副大臣のことは言えなくなる…」  夕刊フジを手にした野党幹部は11日、国会内でこう語った。  野田氏は2010年7月、千葉県鎌ケ谷市内で、夏の参院選と市長選の応援演説を行った。次のように語っていた。  「先ほど、鎌ケ谷のいろんな課題のお話がありました。『分かりました。予算付けます』というと、職務権限に関わって、選挙違反になってしまいます。『あうんの呼吸』でこれからやっていきたいということを、忘れずに申し上げておきたいと思います」  夕刊フジで連載「ニッポンの新常識」を担当するケント・ギルバート氏は…

続きを読む

虎ノ門ニュースDHC伊豆赤沢温泉郷SP !!!

https://www.youtube.com/watch?v=uai9-FsZOeA 虎ノ門ニュース 盛り上がっています。 https://photos.google.com/u/0/share/AF1QipO1lchSqNjfMRONEi69FdVyWLpavv7JMa8qtp0V5mq_bHMzYX5EaZUrf8prMzT3yA?key=ZnZ6YUZjQlcxSzZCYkVlQlNlZDNQSzBqY3NsZEpB 高橋洋一先生の夕刊フジでの数学者としての明快なサヨクのみなさんへの分かりやすい批判。

続きを読む

夕刊フジ181111号から引用 和田政宗議員の記事 この夕刊紙高橋洋一氏など内容が出色です

政府・自民党内で、韓国への制裁・懲罰を検討する意見がある。菅義偉官房長官の側近である、自民党の和田政宗参院議員を直撃。 「韓国政府は何も対処を示さない。日本はもう手を打つ段階に来ている。国際司法裁判所への提訴、大使召還。どんどん手を打つべきだ」  和田氏は8日、菅氏が記者会見で、韓国を国際司法裁判所(ICJ)に提訴することを排除しない構えを見せていることを受け、こうツイッターに書き込み、賛同のリツイートが殺到。 和田氏は、「韓国が日本との関係改善に何も動かないなら、国際司法の場に訴え、『韓国は国際法違反だ!』と世の中に知らしめるべきだ。安倍晋三首相や菅氏、河野太郎外相が、ここまで強くコメントしているのに、韓国側は手を打たない。あり得ない。私は与党の一員として政府の行動を擁護し、今後もより一層、断固たる措置を求めていく」 「戦時中、本土や朝鮮半島、台湾の人々は、同じ日本人として苦難を経験した。戦闘機製造のため台湾から来た元少年工は空襲で仲間を失ったが、今でも『日本は第二の祖国だ』と誇りに思ってくれている。ところが、韓国側は一方的に『徴用工は非道な労働条件で働かされた』とプロパガンダを行っている。どうして、こんなに違うのか。一番怖いのは国民の無関心だ。韓国の判決で、先人たちの行いが辱められた。とても許容できない」。

続きを読む