日本を防衛することに本気でない人と本気の人の違いは大きい。無抵抗主義が侵略を生んできた

マスコミの異様なハリキリぶり。戦争を火事にたとえるのはバカだそうだ。その意味は? harryikedaharuo池田治夫孟 @ikedaharuo1 1 分1 分前 これが安保法制担当…10代女子に論破された“安倍の右腕”礒崎首相補佐官のトンデモ発言録 http://lite-ra.com/2015/06/post-1188.html … @litera_webさんから  戦争を火事にたとえるとおかしいですか?火事を消すために消防力を使用しますね。戦争という軍事力の行使をとめる軍事力はその消火力と同じです。戦争状態をとめるには知らぬ顔を決め込めば戦争が終わるわけではありません。 消火力を戦争を大きくするためにあおりにいくのだなどと事実を曲げて宣伝するのは利害が反する国の手先でしかない。ということではありませんか。日本では少なくとも4年に一度の政権選択選挙が必ず用意されています。それを安倍政権はヒットラーだ。などという宣伝はためにする悪意ある宣伝です。  共産主義はプロレタリアートを出汁にして共産党幹部の独裁政治を強行する政治形態です。その政治思想を反省しないどころか平和の党などと護憲を演ずる詐欺政党には芝居の演出の用意周到なデマ宣伝に負けないようにしたいものです。党内民主主義すら存在しない政党に日本の軍事力を空洞化させている現状を放置させられ、平和安全法制整備を徴兵制などとデマを流し続ける行為を許してはいけません。  火事は消えません。軍事力で戦争をさせないという力がなければ話し合いの…

続きを読む

既成歴史学の現状の一端を垣間見た。縄文時代と神話。転向と深化。憲法9条護持せよの既成保守左翼とは2

引用長いので中略あり 以下は https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87 から抜粋 歴史学界における神武天皇[編集] 神武天皇が即位したという辛酉の歳は、そのまま換算すると紀元前660年であり、同時に弥生時代にあたる。 明治時代に入り、近代歴史学が導入されると、「歴史は、同時代史料や、同時代史料に基づくと推定される良質の編纂史料に根拠を持つものによってのみ叙述されるべきだ」という原則が広く承認されるようになった。こうした近代歴史学の原則を日本古代史に当てはめると、記紀の記述も、他の史料や考古学的知見などに照らして、客観的、批判的視点で厳密に検証される必要 が生じる。その作業を経て尚残った記述のみが「史実」として認識されるのであるが、これにより、明治政府により広く国民に顕示されたところの「皇室の歴史」を疑う議論も生まれかねない。このため、長らく本格的な史料批判は行われないままであった。 それでも早くから、初期の天皇が異常に長命であることや、紀年が古すぎることに疑問を持つ者はいた。たとえば明治の歴史学者那珂通世は1897年、「上世年紀考」で『日本書紀』の記述を批判して、「記紀の紀年は、古代中国由来の、「辛酉」の年に天命が始まり、王朝が代わり、同時に正しい大改革も行われるとする「辛酉革命説」に基づく記紀編者の創作であろう」と論考した。その上で「那珂は、推古天皇治世の最も輝かしい事跡が601年の辛酉 に…

続きを読む

既成歴史学の現状の一端を垣間見た。縄文時代と神話。転向と深化。憲法9条護持せよの既成保守左翼とは?

M様 返信ありがとうございます。共産主義では思想の変化を転向といったり唾棄すべきことだと考えていますね。 私の卒論の山川均も思想の科学に転向の分類にされています。  戦後歴史学会の共産主義化の中で私たちの学ぶ内容もきわめて独断的な皮相な内容を信じてきました。 神話を非科学的と小ばかにして日本の文化そのものを崩壊させる共産主義とGHQの政策にそのまま乗っかって歴史が考古学という自然科学の分野としてマルクス主義=社会科学=自然科学的手法を使う歴史学としか捕らえられず、世界各国で残されている文化としての神話が打ち捨てられてきたのは既成歴史学会の無能さによると思います。  先日のA氏の縄文と神話に関する既成歴史学会の常識の枠の中でしか考えられない脳みそで、私の質問、神話の時代は縄文時代ですか?に対して 「バカダナ、ハジカクゾ」 の発言には話しても仕方がないと感じました。  相変わらずの自分が一番天才だ風の口ぶりも鼻につきます。挙句のはてに私の名前に汚職呼ばわりの汚の文字をあてる名前の付け方には、決闘に及んでもおかしくない内容です。  そのくだらないヒヤカシの原因が私が改憲論に変わったこと? なぜ改憲論そのものに異論を唱えないのでしょうか?  いくらでも反論します。いろいろなnet情報でも青山繫晴さんは改憲派という現在の少数派の見解を書いていますし、私もその見解のほとんどに賛成した内容を自分のブログにも書いています。  昔の社会主義革命を目指した自分たちの行動と思想の総括をA氏…

続きを読む

瀬戸内寂聴さんは宗教者だから殺されても殺さないが正しい。が多くの日本人が殺されるのを容認するだろうか

2015.7.16 05:04 【産経抄】 竹光では守れない 7月16日  海坂藩の下級武士の清兵衛は、上意討ちの討っ手として、一刀流の使い手、善右衛門の屋敷に乗り込んだ。しかし、相手に戦う意思はない。そのうちなぜか、お互いの亡妻の思い出話になる。  ▼心を許した清兵衛がつい、葬式代に困って刀を売り、竹光(たけみつ)であることを明かした。次の瞬間、善右衛門が豹変(ひょうへん)し、刀を抜いて清兵衛に襲いかかる。山田洋次監督『たそがれ清兵衛』の映画史に残る、決闘シーンである。  ▼衆院平和安全法制特別委員会は昨日、安全保障関連法案の採決を行い、与党の賛成多数で可決した。一部の夕刊には、抗議の意味を込めて、「採決強行」の見出しが躍っていた。今日の朝刊にも、「戦争への道が開かれた」などと、読者の恐怖心をあおる記事が載っているだろう。  ▼小欄は、法案可決を断固支持する。日本にとって、最大の軍事的脅威である中国に、鞘から刀を抜かせてはならない。つまり、抑止力を強化するためには、集団的自衛権の行使を可能にする法律が絶対に必要だからだ。  ▼確かに国民の間で、法案への理解が進んでいるとはとてもいえない。安倍晋三首相も認めている。ただそれは、「徴兵制」や「憲法論」など、野党が意図的に論点を横道にそらせて、議論を紛糾させてきたからだ。  ▼政府与党側も、中国を刺激するのを恐れて、脅威の実態を国民に伝えてこなかったきらいがある。中国が東シナ海の日中中間線付近で、軍事転用が可能な…

続きを読む

「安保からおまつりの掛け声の話題。なかなか楽しいお話でした。」について

「安保からおまつりの掛け声の話題。なかなか楽しいお話でした。」について http://www.sankei.com/premium/news/150709/prm1507090005-n1.html この阿比留さんの見方は正確だ。 湯浅氏だったか先週あたりの記事に昔のヘルメット姿の写真が載った記事があったが、 昔の学生運動の主流がまるで非武装中立のような書き方だったので、 当時も今もいつも少数派の政治を歩む自分の記憶を書いておく。 書き込むつもりでいたらどこにあったかわからなくなってしまった。  なにしろ一週間分の産経新聞しか見ていないので見かえすことができないので。 今、見つかりました7月5日の産経新聞 特別記者湯浅博氏の独立不羈 という河合栄次郎についての記事でした。 内容に意義があるのではないですが、非武装中立の当時の勢力について誤解があるようです。

続きを読む

安保からおまつりの掛け声の話題。なかなか楽しいお話でした。

20150711 半年振りに学生時代のサークルの先輩と再会しました。 結構中身の濃いというか興味深い話が出たので記録しておきます。 1、非武装中立は数十年前70年安保時代、決して多数意見ではなかったということ。このことは最近内容に感心するサンケイ新聞でも誤解があるので書いておきたいです。  非武装中立などと40年前に主張したのは社会党の中でもそれほど多数ではなかった。ましてや共産党系も反日共系左翼も当時は暴力革命論が主流でしたから平和的に社会主義革命を達成するなど左翼の多くは考えていなかったということです。  当時の社会党内部の左翼の革命論は労働者のゼネストによる平和的な権力移行という理論でした。当時はこの漫画が暴力革命の漫画に対比して圧倒的少数派でした。繰り返して言いますが、当時は共産党がプロレタリア独裁をデクタツーラなどとローマ時代の言葉を持ち出して独裁をごまかすことに躍起になり出した時代です。今、まるで非武装中立の権化のように言っている共産党ですが、時代に応じて都合よく変身して時の政治権力を打倒することが一番の目的だからですね。私も40年前は方法は違っても目的は同じでした。   2、産経新聞は最悪という先輩の意見について。おそらく中身をきちんと読んでいないとおもいます。昔は自民党の第二機関紙といわれていました。しかし、韓国の従軍慰安婦というデマ宣伝を暴いたのも産経でした。南京虐殺20万30万というデマ宣伝にも左翼宣伝に犯されてきた私たちは素直に騙されてきましたが、そのインチキを解…

続きを読む

安保は国論を二分する問題だろうか? 意図的に自国の安全保障を敵対的に描こうとするマスコミに違和感。

残業代のとり方、たちの悪い公務員の場合。こんなことを暴露してきたから公務員組合や談合業者に命も狙われ << 作成日時 : 2015/07/04 09:39 >> ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0  まあまあもうすぐ池田はやめるから。と市の幹部が業者をなだめたとか。今ではそんな心配も無いくらい工事に金が回らないと、今の市の幹部が口にするのはなおさらアヤシイ???  残業代のことをNHKでやっていた。残業は朝にしてくれというのもひとつの方法だ。 たちの悪い公務員のなかには、真っ赤な顔して視聴者に戻ってきたのもいる。この御仁が当時市で一番残業代が高い革新系の市議の質問を書いてやっていた(私がご本人から聞いている)御仁だ。  あの残業代の高さは飲んで帰ってきてタイムレコーダ、ガチャンと押しているのだろうか。と感じた。 チェックする課長も似たようなやつだったら厳しくチェックはできないだろう。  残業は朝にしろ。だったら、ケツが決まっているから飲んで帰ってきてタイムレコーダを押すわけにはいかなくなる。 もっとも与野党共に職員に質問を書いてもらっているような市議がまだいるのであれば市議会からのチェックも不可能である。 安保は国論を二分する問題だろうか? 意図的に自国の安全保障を敵対的に描こうとするマスコミに違和感。 << 作成日時 : 2015/07/05 11:05 ブログ気持玉 0 / …

続きを読む

与野党は国防に関しては見解が一致してるのが常識だが、日本には潜在的な敵国側が利権に絡んで存在している

 与野党問わず変な発言をしている議員が少なくない。  それ以上にわが国の民主党国会質疑を聞いているとまったくおかしくなっている。  欧米先進国の与党野党の関係は大企業経営者側か中小企業や労働者側かの対立はあるが、国防に関しては思想は一致している。  敵国になる側の立場に立って与党を攻撃するのは暴力革命の立場を捨てていない共産主義勢力以外にはありえないはずだ。  現在のゴトウユウイチなる民主党議員の発言はどういうときに自衛隊がうごけるか動けないかの線引きを明確にさせ敵国が自由に攻撃できる状態を有利にすることしか考えていない。  民主党の安倍政権攻撃は日本の安全を脅かす敵国側の発言でしかない。

続きを読む

文芸春秋七月号だったか? 立花隆 坂口安吾に関するコラムのつまみ食いのお粗末

買い物の途中本屋で立ち読みしただけだが、坂口安吾のことを憲法九条を守れの立ち場から立花隆がつまみ食いで引き出していた。 安吾については私も、非武装中立論で自衛隊を建設業者のように改編するようにという主張で数十年前、共産党の武装論者とよく論争していた。そうです昔は武装論だった彼ら武装革命論者たちは現在では新左翼と呼ばれた人殺したちも含めて現在では憲法九条を守れの運動を行っている。どこまで人をバカにした本音を偽装し、情報を操作して日本を混乱に落とし込むことばかりに長けた集団であることかと。こういう事実真相を目隠しされダマされている人々も少なくない。 坂口安吾について武装放棄を極言する安吾の重要な本質を立花隆は隠ぺいしてコラムを書いていた。 笑えた。安吾は戦争して命がけで守るよりも「婦女子が強姦されても」殺されるよりはマシ。という主張だったのだ。 これはとても本気で書いているのかと信じられない言いざまだ。ダダイズム放蕩三昧の彼らの主張はカッコツケのような面があるから小説のネタ程度のものとも思われるが、武装を放棄するということの本質をついてる。 安吾の強姦されても殺されるよりはまし論。は強姦したうえ殺してきた奴らも少なくないと言われた戦争史を見ると武装して戦争を起こされないようにしなければ住民すら守ることができないことは人類の業である。事実を正面から見つめなければならない。非武装平和を日本に勧めるのは侵略国の側からの陰謀に他ならないという厳然たる事実から目をそ…

続きを読む

北朝鮮は素晴らしい国と小学校の先生から聞いた兄の口から聞き、そう思っていました。どちらが戦争への道?

教育はなんて恐ろしいものかと、日本の戦争をそう総括していましたが、今考えると逆の側も教育に全力をかけているんですね。 !-- AFPBB News 挿し込み開始 --> 【編集日誌】 半世紀前の光景? 【編集日誌】  今では想像もできないことですが、終戦から20年にわたって日本と韓国との間には国交がありませんでした。朝鮮戦争が勃発し、国交正常化どころではない時期もありましたが、交渉は何度も挫折しました。  李承晩政権のかたくなな反日政策が交渉を長引かせたのは確かですが、日本側も社会党や進歩的文化人ら韓国との国交正常化を望まない勢力が跋扈(ばっこ)していました。彼らは北朝鮮を「地上の楽園」とたたえ、韓国と手を組むのは戦争への道を進むことだ、と信じていたのです(小紙が北朝鮮による拉致事件を真っ先に報道した後も彼らは長く信じようとしませんでした)。  いま安全保障関連法案に反対するデモが盛り上がっていますが、半世紀前の光景と似ています。この法案が廃案になれば、どこの国が喜ぶかを想像すれば、正解は明らかでしょう。(編集長 乾正人)

続きを読む

戦争法案なのか?共産主義の暴力行為を阻止できる戦争阻止法案であることを学習してほしい。18日総務委

 18日総務員会傍聴した。共産党による中国共産党が喜ぶ日本を金縛り状態に押しとどめる憲法九条の呪縛をなんとしてもほどかせたくない人々の請願はなんとか委員会では不採択。  その後民主の控室にてそんな話をしていたが、富田さんは中国に利益になるかアメリカの利益になるかのどっちかだ。と言っていたが。。。  日本の防衛はアメリカにも現在利益になっているが、この先、アメリカがレッドチャイナと太平洋分割の取引をしないとはいえない。  今、レッドチャイナの強権的な近隣諸国への軍事的圧力を放置してはアジアの平和が破壊される。チベットやウイグルへの暴力的抑圧を放置することが平和というのであれば何をか言わんやである。  日本の軍事的裁量を拡大することは、レッドチャイナや北朝鮮が今までのように日本に対して行ってきたやりたい放題の侵略を放置してきた戦争状態!!!を止める力になる。  戦争法案だとレッドチャイナの代弁者たちが批判するその法案こそレッドチャイナがやりたい放題の戦争を阻止できる法案に他ならない。  アメリカがアジアから逃げ出す事態を阻止する役割が集団的自衛権に含まれている。  レッドチャイナの代弁者たちがヒステリックに戦争を始める法案だと批判する安倍政権提起の法案には今までの共産主義の行ってきた非人道的暴力行為を阻止する願いが込められている。その真意をよーく考えてほしい。  ベトナム反戦世代は第二次世界大戦太平洋戦争で日本の軍部官僚体制の独走を阻止できなかったことを魂の底から刷り込まれている。 …

続きを読む

情報戦争は毎日激戦状態。レッドチャイナは米国の公務員のデータを盗みだした。日本へのサイバー攻撃も?

 サイバー攻撃は防ぎようがない状態だそうだが、不審なメールを開かないようにする。という程度では無理だという。そもそも不審なメールなのかどうかわからないようにするのがサイバー攻撃だ。鬼の首を取ったように政府攻撃に必死な野党だが。第一期安倍政権の崩壊を作ったのも国家公務員厚生省の反政府分子の情報漏えいからだった。民主党政権のようにレッドチャイナに弱腰の政治を猛省した安倍政権への攻撃は今がレッドチャイナにとっては野党の諸君もう一息!安倍政権打倒に向けて頑張ってくれ!と習近平もひそかに(?公然と?)応援しているだろう。こんな基本的なことを理解しないで日本の政治をもう一度レッドチャイナへ盲従する政権に戻したいとでもいう人がそんなに沢山いるのだろうか? マスコミは財務省の利権集団の言いなりに安倍政権への攻撃をしているのだろうが。。。  今までの集団的自衛権、個別的自衛権というおかしな自衛権の分け方に集団も個別もないという青山繁晴さんの声がやっと自民党の高村副総裁の口から出てきた。枝野民主党幹事長は今までの自民党が集団的自衛権に縛りをかけてきたことを自己否定するのか?みたいな反論をしている。そうなのです。今までの自民党の憲法論議そのものがレッドチャイナの意向に従った利権政治集団の道を進んできたのだから誤りを今、安倍政権は訂正しているのです。 はり池田 孟治夫 6分前 · Twitter · 安保関連法案:「合憲という学者」官房長官たくさん示せず - 毎日新聞 http://t.…

続きを読む

棍棒持って静かに話す」国たれ。軍国主義、反軍国主義、平和主義(政策というより宗教的信念)

【正論】 「棍棒持って静かに話す」国たれ 防衛大学校教授・村井友秀 2014.7.29 03:14 (4/4ページ)[正論]  ≪良い国の規範は反軍国主義≫  なお、政権の性格は軍国主義、反軍国主義、平和主義に分けられる。軍国主義は、平和的手段よりも軍事的手段を優先する。反軍国主義は平和的手段を優先し、軍事力行使を最後の手段とする。平和主義とは絶対に軍事的手段を使わないという意味であり、政策というより宗教的信念である。  すぐに軍事力を振り回す軍国主義はむろん嫌われる。他方、侵略に対して無抵抗の平和主義も、犠牲を厭(いと)う臆病で無責任な行動だとして、多くの国から軽蔑され信用されない。現代世界では反軍国主義が良い国の規範である。  資源小国である日本が、激動する国際社会の中で生き残っていくためには、国際協力が不可欠である。軽蔑され信用されない国と協力する国はない。日本が進むべき方向は、多くの国が良い国だと考える「棍棒(こんぼう)を持って静かに話す」反軍国主義の国である。(むらい ともひで) http://sankei.jp.msn.com/world/news/140729/chn14072903140003-n4.htm

続きを読む

日韓正常化への近道はきちんと事実本当のことを理解することから始めたい

 日本軍が関与したとは書いていなかった河野談話。官憲の実態は多くは朝鮮人警察官。親に売られたことを日本軍のせいにしている。貧困が原因。韓国独立記念館の日本軍の拷問は李氏朝鮮時代の拷問のすり替え。日本占領下では日本は拷問禁止令で拷問を禁止し、官憲も拷問した場合は3年以下の懲役としたという。今まで日本の自虐史観で隠されてきた真実事実が青山氏によって次々と明らかにされてきた。 https://www.youtube.com/watch?v=8_9pIpjgrng

続きを読む

朝日の安全保障論とは?日本の反革命軍事力=自衛隊を無力化するための陰謀

http://www.asahi.com/articles/DA3S11223915.html?iref=comtop_pickup_03  日米安保を肯定する論理に転換してコバンザメで悪いか?などとは笑止千万。 かつて中村敦夫さんの国民会議みどりの会議さきがけにおいて朝日の安保論をリードしている 田岡教授の話をきいた。  北海道に米軍基地を置かなかった米軍は本気で日本を守るために戦争する気がないこと。 沖縄米軍基地にはトルコまで防衛圏域を考えている。日本防衛よりも米軍のための基地。 こういう建前の日米安保論から本音の安全保障を考えていけば現政権の当面の対処方法は十分納得できる。  国民に説明がないとか足りないという論法は先延ばしのためにどんな独り言でも利用するために使う。 石破発言も利用している。  やたらと戦争をやりたがるサメたちの時代は終わった。と言いたがる朝日の発言は、現実に中国が アメリカの軍事力後退を利用してアジアでの支配を確立しようとしている現在の暴力支配事態をどう考えているのか?  民主の仙石のように中国の言いなりにやるがままに放置すれば尖閣も日本本土も侵略占領されても文句を言わない抵抗しない平和主義は血を流さないから正しいのか?    何度でもいうが、かつての左翼平和主義は日本の反革命軍事力=自衛隊を無力化するための陰謀だったのだから。  この厳然たる事実をかつての左翼どもは十二分に理解しながら今でも自衛隊を日本の左翼革命の障害と位置付…

続きを読む

集団的自衛権と個別的自衛権について

 集団的自衛権と個別的自衛権は、日本特有の区別と言われていますが、 日本政府はかつて日本が社会主義勢力の拡大で苦境にあった時に個別的自衛権と集団的自衛権という言葉のマジックで乗り切ってきたのではないでしょうか。  自衛権に集団も個別も区別することが防衛する観点から意味がないです。  侵略する意図がある国が膨張主義を振り回しているのですから当然緊急避難的に憲法改正の時間的余裕がない今、急ぐのは当然です。  私ももともと社会党の非武装中立論の推進役を買って出てきました。その当時は非武装中立9条擁護は馬鹿にされました。その秘めたる意図は革命中国の援護に他ありません。  日本での革命運動を進めるためには日本の軍事力は反革命暴力以外の何物でもないというのが 非武装中立論の本来の任務だったのです。  しかるに今、9条擁護が絶対平和の条件のように思わされている人々にその軍事的意味合いをきちんと理解してほしくて投稿いたしました。池田治夫元市議。

続きを読む

「旅のつづき。旅の途中。人生道半ば、のつもり。。。」について

「旅のつづき。旅の途中。人生道半ば、のつもり。。。」について 平和が無防備で継続できると本気で思っている人が多いのには無神経さに恐れ入る。 反戦運動そのものがある意味で最も好戦的な時代もありました。 無防備で平和をもまれる国は何も奪うべき資源がない国。泥棒国家にしてみれば略奪したい有形無形の資源を持つ国は常に侵略の対象だ。何も反撃できないままの自衛隊でおいておけという国民の意思は中国の利益を守っているということすら理解できないのかとあきれ返る。 共産党の反対論は現政権を打倒するためには反戦でも好戦でも自在に変わるだけのこと。信念は打倒資本主義政権だけだから。それについていく人も騙されてしまう人も少しはいるのだが、朝日新聞や毎日新聞がうまいこと世論誘導しているから反対が増えてきたのだろう。  時に政権の暴走をチェックする言論は必要だが、今は暴走しようとしていない重要問題を暴走と因縁をつけて中国による侵略意図を裏から応援するようなデマ宣伝にはきちんと反撃しなければならない。  山口二郎さんも山川均の非武装論を一時的なものと認識していた割には非武装について未だに利他国的朝日新聞的なのはただ民主党再建の立役者にでもなりたいのだろうか・・・

続きを読む

反権力とは安倍政権を批判しているだけでいいのか。良心的批判者たる皆さんへ。

安倍政権を批判しているだけでいいのか。反権力とは政権批判か。HARRYIKEDHARUO *学生運動での生死の分かれ道  私は第二文学部の出身だが、サークルは新宿西口広場で知り合った社会党のN氏に勧められて教育学部歴史学研究会に参加した。これも運命の分かれ道だった気が今になると感じる。  高校時代は少数で社会科学研究会をやってきて近いと思っていた民社党本部に自衛隊の取材をした。そのほか社会党の幹部に西荻の家に取材に行った。  結果、民主党の都議会議員氏からの書生への勧誘を断って社会党が近い存在になっていく。  当時、盛んに宣伝されていた中国共産党の人民中国の宣伝誌も送られてきていたので毛沢東語録も何冊も持っていた。毛沢東の八路軍の人民の海での戦い方は何よりも残虐さの印象の強かった日本軍と比較しても理想的な軍隊に見えていた。  いつの間にか毛沢東のファンになっていた私はフォークソングも元アメリカ共産党員だったピートシーガー(その時代はすでに共産党への幻想からは解放されて脱党したいたのだが)の毛沢東の賛歌ともいえるレコード(東方紅に音声のみ)も危険な歌というタイトルで聞きまくっていた。  高校の社研の先輩にはフォークソングで革命ができるのかなどと言われフォークソングから革命運動への舵を切り替えたのも高校時代だ。ベトナムでの北爆も激しさを増し、ソンミ村の虐殺事件なども真剣にベトナムに渡ってアメリカ軍と戦わなければベトナムの民衆に申し訳ないと思いつめていた。結局ベトナムへの渡り方がわから…

続きを読む

ローマ帝国パラノイア?二千年前からの南シナ海での主権は確立しているという中国の恐るべき妄執!??

ローマ帝国パラノイア?二千年前からの南シナ海での主権は確立しているという中国の恐るべき妄執!??  ≪近代国家失格の軍幹部発言≫  先頃シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で、王冠中・中国人民解放軍副総参謀長は「南シナ海での中国の主権と管轄権は2千年前から確立しており(国連海洋法)条約発効のはるか前だ」と述べたと伝えられる。国際法に基づく国際秩序の原則も理解できない中国の態度が領土紛争の原因を作っているのであり、こんな国は到底、近代国家とはいえない。 (いやーびっくりした。こんなことを国際会議で発言していたのか!!パクスロマーナの時代だね。イタリアが地中海全体がイタリアの主権だというのに等しい狂気の発言。中国の軍事独裁はとどまるところを知らない。あと何年この狂気の体制は続くのだろうか。崩壊するときの混乱を最小限に抑える国際的協力体制を準備することが極めて重要だろう。Harry) 20140606のweb産経の正論から以下引用 「再均衡」見透かした中国の挑発 前防衛相、拓殖大学特任教授・森本敏 2014.6.6 03:09 [正論]  中国が、パラセル(西沙)諸島西側のベトナムの排他的経済水域(EEZ)内に石油採掘施設を持ち込み、それを艦艇多数で守り同国漁船を沈没させたりしている。中国は、南シナ海のほぼ全域を囲むように勝手に引いた「九段線」内に現場はあるとして自国領海内だと主張するが、九段線の国際法上の根拠を示したことはない。  ≪近代国家失格の軍幹部発言≫ …

続きを読む

浅尾慶一郎さんのメルマガ今回は共感できる。でも集合離散は人間の好き嫌いから意外と政策よりも。。

人間的には結いの党のほうが肌合いが合う人が多いのだが、今後の日本をどうして行くかはみんなの党が近い。現在結いは民主党との連携を探るようだが、みんなは安倍自民と連携。考え方は結いも安倍首相に近いのだが野党として存在するために安倍自民に無理やり対立軸を作ろうとしている。自民内も公明と同調する中国派も多いのだから安倍自民との政策の違いを鮮明にすべきなのだが、それでは安倍政権が目指す政策すら実現できないので多数派工作が重要になる。多くの政治家は自分の政策スタンスは風見鶏だ。状況に応じて言うことも変わる。どっちが票になるかでしかないのだ。たしかに票にならないと政策も実現できないのだが。安倍政権の打倒を画策しているのは誰よりも自民党内中国派だということを理解すれば政治家としての進み方は自ずから決めることができるのではないか。  結いも民主との連携よりも安倍政権の政策を貫徹させることこそ重要だ。以下は あさおさんメルマガより。 『あさお慶一郎国政レポート』6月2日号2014年6月2日 月曜日 午後2:46 From: "衆議院議員あさお慶一郎 mag2 0000006268" アドレスブックに追加アドレスブック □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ あさお慶一郎国政レポート 2014年6月2日 …

続きを読む

非武装論の政治的意図と石原慎太郎の政治家としての行き方死に方と国家とは何か

 学生時代の教育歴研の先輩と40年ぶりに再会して話したことなど。  大学一年のときのクラス委員で学生大会に出たとき。 カクマルは中国核実験弾劾。とあった。池田一人が反対。池田はそのときは日本社会党に所属していた。非武装中立論石橋政嗣をかなり深く学習していた池田がなぜ?  非武装中立は戦後左派社会党の中心だった山川均も戦後の一時の方策と考えていたとは山口二郎の説明のようだ(ウィキペディアによれば)  毛沢東中国が理想の国家形態と勘違いしていた無知な青年だった池田には中国を軍事的に圧迫する日本の重武装化は日本革命にとって不都合だったからだ。中国の核武装はアメリカや日本の帝国主義勢力の核包囲網から人民中国を守るためには必要なことだった。  この人民中国擁護論が幻想だったことが明らかになったのは正確には認識していないのだが、日本の自民党の長期政権が選挙によって転換したことは大きかった。田添鉄二以来の議会革命論者の理想が実現した瞬間だったことは間違いない。その後の民主党政権が官僚主導の無策政権であり人民中国に日本領海を陵辱されても侵されるままだったことも毛沢東中国の幻想からの解放には十分な事象だった。  未だに日本の非武装中立を国是のようにすりかえるようになった共産党中心の憲法9条の会に組している良心的な人々も少なくないだろう。  言っては悪いがその人々は革命運動の中で非武装中立論が持っていた政治的意図を理解していない。というだけのことだ。  日本が自立した国家として国際社会の中で生きていく…

続きを読む

山川均の山川イズムと向坂ソ連主義との差。レーニン主義はロシア的マルクス主義と山川は距離を置いた

山川イズム[編集]ウィキペディアより引用 山川は「無産階級運動の方向転換」(『前衛』1922年7・8月合併号)などを発表、大衆運動との結びつきを重視する「方向転換論」(山川イズム)を提唱した。しかしまもなく解党論の中心となり、1924年共産党はいったん解散する。その後福本和夫の提唱する党建設重視の福本イズムに基づき共産党が再建(第二次共産党)されたが、これに距離を置き参加しなかった山川は「日和見主義者」「解党主義者」として共産党主流派から厳しい批判を受けるようになった。これに対し山川は堺、荒畑寒村、猪俣津南雄らと昭和2年(1927年)に『労農』を創刊し、共同戦線党論を展開する。昭和12年1937年、人民戦線事件で検挙。 戦後の活動[編集] 戦後の昭和21年(1946年)に民主人民戦線を提唱し、民主人民連盟委員長となるが病気で活動できず、社共両党の対立を解消できぬまま連盟は雲散霧消する。その後は社会党左派の理論家として活動し、昭和26年(1951年)に社会主義協会が発足した際には大内兵衛と共に代表を務めた。山川は向坂逸郎らと共に社会主義協会において非武装中立論を説き、この理論は日本社会党に強い影響を与えた。 しかし山川の非武装中立論は、永世非武装国家を志向したものではなかった。山川は日本が復興する間のみの非武装(復興時非武装中立論)を説いただけで、ソ連の脅威を十分に認識した上での将来的な武装を認めていた。 しかし向坂ら 親ソ派はソ連・社会主義陣営に与する立場から、ソ連の脅威に…

続きを読む

坂口安吾 池添栄 田添鉄二 大杉栄 山川均 非武装中立とはなにか。

非武装中立平和憲法護持で戦い続けてきた学生時代の総括は?と問う人もいるだろう。 早大改憲阻止学生会議で社会主義協会太田派の一人として日本における社会主義への平和的手段による革命の実現のため 田添鉄二 大杉栄 の名前から 池添栄のペンネームで非武装中立の現実性を訴えてきた。 非武装中立とは外交的手段で諸外国と友好関係を保ち続けるということで、当時の日中友好関係の時代では、経済関係の進展の中で 戦争状態に至らないように外交的努力で解決できる時代だった。 最悪の場合は、坂口安吾が言った言葉と言われているが、侵略されても婦女子が強姦されても殺されるよりはまし。という 非戦の思想 もある。強姦されて殺される戦争を知る人には噴飯ものの亡国論もある。非武装中立を徹底させるにはそこまでの覚悟が必要だ。 こういう論理も毛沢東時代の中国に期待と希望(それは幻想だったのだが)を見出していたからこそ  日本の国家独占資本主義は戦争で人民の命を犠牲にして一部の戦争犯罪人たちが私利私欲を満たすための戦争に抵抗するという論理が正当性を持っていたのだ。  しかしその時代からすでに40年以上の時を経て国際情勢は大きく変化している。日本人民と友好関係を唱えてきた人民中国は実はとてつもなく帝国主義的野望に満ち満ちた独裁国家であることを鮮明にしてきた。  ひるがえって日本の国家独占資本主義は資本主義国家の中でもきわめて平等な経済体制を実現した。多くの元社会主義者が資本主義経済のリーダー…

続きを読む

法的未整備の現状を突いて中国が尖閣へ上陸する可能性は非常に高い。

20140515 法的未整備の現状を突いて中国が尖閣へ上陸する可能性は非常に高い。  集団的自衛権内閣による解釈改憲は許されない?という勢力をけしかけるのは中国だろう。  安倍内閣の早急な集団的自衛権の法的整備はポジティブリストからネガティブリストへの変更が急がれている尖閣の危機状況に対応するためのものだ。  青山繁晴氏によれば、いままで自衛隊はポジティブリストで書かれたこと意外は許されず、迫撃砲を基地内に打ち込まれた中東では反撃はおろか発射した相手を確認することすら許されず身を縮めていたという。  尖閣でも漁民に偽装した軍隊が上陸しても排除することすらできないという。  尖閣は日本固有の領土などと寝ぼけたことを言うだけでは中国は侵略の手は緩めはしない。それはベトナムへの侵略を見ても中国のアジア制覇への野望は明らかだ。  日本では法的整備反対派も少なくない現状を突いて中国が尖閣へ上陸する可能性は非常に高い。  上陸後に日本が法的整備を実現してから有利な状態で中国は日本との交戦状態へ持ち込もうとしているのかもしれない。中国国内の共産党一党支配への国内の大きな不満を日本との戦争に持ち込もうとしている節もある。  中国が国連常任理事国である限り日本は侵略された後でも国連軍として尖閣に上陸した中国を排除することはできない。日本の国軍として排除しなければならない。米軍は中国が尖閣占領した場合は日本を助けるとは言っていない。  決してオバマは日本へ軍事協力をすると言っているわけではない。…

続きを読む

みんなの党よりも結いの党を応援する私ですが今回のみんなの渡辺代表へのどこからかの攻撃には

みんなの党よりも結いの党を応援する私ですが今回のみんなの渡辺代表へのどこからかの攻撃には 一言推測だが述べておきたい。  猪瀬直樹資金問題も渡辺よしみ資金問題も、なにがしかの意図を持って敵対勢力があらを探してついてくる。 検察はなにがしかの勢力からの後押しがなければ立証しない。  犯罪行為だからと言って受理するわけではない。東久留米市の元幹部の補助金適正化法違反事件さえも 特捜部は受理すらしなかった。  猪瀬問題も彼が都知事のままオリンピックを開催へ持っていくにはぶつかる利権勢力がつぶしにかかった のだろう。  みんなの党は維新の石原伸太郎と一緒に安倍内閣の集団的自衛権行使について共同歩調をとろうとしていた。 このことにもっとも敵意を持っているのは護憲勢力左翼勢力だが、オバマ政権の米国も日本の軍事力の成長には 警戒心を隠していない。おそらくCIAがらみの安倍政権に対する牽制球のひとつなのではないだろうか。とHARRY には感じられて仕方がない。  国会議員に政治資金問題でつつかれてほこりが出ない有力議員はいないだろう。どこをどれだけ叩くかは 米国のさじ加減という歴史には終止符はうてないようだ。

続きを読む