デフレは退治はなぜ進まないのか?アベノミクスは失敗したのか?

【三橋貴明】技能継承 2018年7月15日 西日本豪雨 ~なおざりにされてきた治水整備  三橋貴明さんがいうような公共工事再発動=大小のダム建設が正しいのか?  Harry Ikeda 三橋貴明さんも言うように財政再建が出来た。というのはわかります。だから公共事業。というのは正しいのでしょうか?  やれば良いのはヘリコプターマネーで国民に現金を配布する方法が直接景気回復にデフレ退治に効果があると感じます。  旧来のダム工事ありきではどうでしょうか。かえって災害を巨大化させたのは、中途半端な砂防ダムの決壊も考えられるます。 またダムの放水(https://www.youtube.com/watch?v=tUpeIaFT19E   https://www.youtube.com/watch?v=CfBcUwbUygg)など は巨大な岩石に勢いを与えただけではないでしょうか?流れに任せていれば危険な土地に住宅を建てるのも減ったはずです。  コストベネフィットに厳しかった、高橋洋一先生まで最近は公共工事にイケイケドンドンに聞こえるのも心配です。  同じ公共工事でも、危険なダムを解体し、河川の流水域を遊水地を確保したり、して流れを止めて貯めるというダム方式よりも速やかに流れる道を広げ、 遊水地で水を貯水。大雨では決壊の危険を避けるようにあふれ流れる道を広げておく。  流水の拡大域を運動場のような形で確保しておくような公共工事をこの時代は必要です。先を見据えた命を守る警報…

続きを読む

ダムが災害を生む皮肉。石井紘基の警告を再度見直さねばならない

2018.7.10 07:43 http://ikedaharuo1.at.webry.info/201807/article_3.html 【西日本豪雨】 4人犠牲の愛媛・大洲、ダム放流量は安全基準の6倍だった…「想像超えた雨量だった」 肱川が氾濫し、水没した大洲市東大洲地区(大洲インターチェンジ付近)=7日(大洲市提供)  川の氾濫で広範囲が冠水し、住宅に浸水するなどして4人が犠牲になった愛媛県大洲市。安全とされる基準量の約6倍に当たる最大毎秒約3700トンの水がダムから放流された。治水の担当者は「予想を超えた雨量だった」と話すが、住民からは「ダムの操作は適切だったのか」と疑問の声が上がっている。  同県西予市から大洲市を経て、瀬戸内海へ流れる肱川の上流にある鹿野川ダム(大洲市)。安全とされる放流量の基準は毎秒約600トンで、超えると家屋への浸水の可能性があるとされている。  大洲市などによると、台風7号が九州に近づいた3日から基準の約600トンを上限に徐々に放流を開始。7日午前5時半には雨量が増し、上限を毎秒約850トンに引き上げた。午前7時すぎにはゲートをほぼ開いたままにせざるを得ず、午前9時ごろ、川の水が堤防を越え始め、放流量は最大毎秒約3700トンに達した。  肱川中流に位置する市中心部などの約4600世帯に浸水し、住民は家の2階や屋根の上に一時取り残された。車に乗ったまま流されたり、自宅に水が流れ込んできたりして4人が死亡し、水源も被災。9日時点、約1万…

続きを読む