命のビザは杉原だけではなかった。樋口季一郎少将、安江仙弘陸軍大佐もイスラエルに顕彰。独裁暴力のサヨク

命のビザは杉原だけではなかった。樋口季一郎少将、安江仙弘陸軍大佐もイスラエルに顕彰ですが。独裁と暴力が本質のサヨクたち。  日本は誇りを持てる国ですよ。スパイがやりたい放題ですが、警察の努力で他国に比べ安全安心、物価も安め。  ただ、近隣諸国に不条理に金を吸い取られているので多くの国民は国富の割には比較すると質素な生活を強いられていますね。  樋口季一郎少将。安江仙弘のりひろ陸軍大佐。と杉原ちうね。この三名が、イスラエル建国の功労者の記念碑「ゴールデンブックに刻まれているという。  百田尚樹「日本国紀」378P。 「樋口ルート」で救われたユダヤ人は2万人と言われている。 このことを知ったドイツは、日本に対して強く抗議した。2年前に「日独防共協定」を結び、ドイツと良好な関係を保ちたいと考えていた関東軍内部でも樋口の処分を求める声が高まった。しかし、時の関東軍参謀長、東条英機は樋口を不問とし、ドイツに対して「人道上の当然の配慮である」として、その抗議をはねのけた。なお樋口は昭和20年、北方防衛の第5方面軍司令官として、ポツダム宣言受諾後に、樺太や千島列島に軍事侵攻してきたソ連軍と戦っている。このとき、麾下の91師団が占守シムシュ島の戦いでソ連軍に痛撃を与え、彼らを足止めしたことによって、北海道侵攻を食い止めたといわれている。戦後ソ連は樋口をA級戦犯として起訴しようとするが、それを知った世界ユダヤ人会議がアメリカ国防総省に樋口の助命嘆願を行い、戦犯リストから外させた。樋口と陸軍士…

続きを読む