いずもがジョージワシントンを見送りの映像を見て オバマはシナに日本を売るのかと感じた

https://www.facebook.com/JMSDF.PAO.fp?pnref=story  軍隊の姿を見るだけで、日本軍部が引き起こしてきた大戦争での悲惨さを魂の底からしみ込ませ嫌悪感と、 理想は憲法第九条と思い込んできた時代50年昔からつい最近まで。  その迷妄から大転換が起きたのは、シナ漁船による海上保安庁巡視船への激突攻撃事件。 仙石官房長官は事件をもみ消し、激突攻撃を行ってきたシナ漁船の映像さえも隠蔽しようとした。  仙石は万死に値する日本国民への裏切りを行った。公僕としてのあるべき最低限の誠実義務行為さえも放棄した。  憲法9条を世界に広めることが世界平和に貢献すると半ば本気で信仰していた9条信仰の時代。  思い起こせば47年前の大学二文一年のとき、人殺し集団カクマル派が牛耳る学生大会に怖いもの知らずのオイラは、カクマル派が提起した「中国核実験弾劾!」の賛否にただ一人反対した。  核実験は毛沢東中国が核武装を実用化するためのものだ。そんなことに反対するのは日本の常識では今も昔も ありえなかった。  その上、当時の反安保改憲阻止学生会議で学生運動の小さな会派の一員であったのに。。。 当時少年のオイラにとって中国の赤い星毛沢東は英雄だった。八路軍=中共軍は規律正しく、日本の侵略軍と違って住民から物を盗んだり暴行したりすることが無かったから人民の海に中共軍は隠れて長期戦を戦うことができた。というアグネススメドレーの書いたことを信用していた。  高校生か…

続きを読む