韓国系米金融マン 慰安婦問題の誇張に疑問符 身内100人超の少女に強制連行「一件もない」

2018.7.18 09:00 【ボストンから一言(16)】 韓国系米金融マン 慰安婦問題の誇張に疑問符 身内100人超の少女に強制連行「一件もない」 日本総領事館前には2016年末、慰安婦被害を象徴する少女像を設置し問題となった  「ボストンから一言」を書き始めたことで、いろいろな方と知り合う機会に恵まれている。  その中の1人に米カリフォルニア州在住で金融関係の仕事をしていた韓国出身のR氏(88歳)がいる。メールだけでなく、電話でも歴史や体験談などについて話を聞くことがある。  R氏の父親は、九州帝国大学を卒業し、昭和9(1934)年に高等文官司法試験に合格した。検事として最高位を修め、日本統治時代の朝鮮各地で勤務をしていたという。  私と旧知の仲である、日韓併合条約を結んだ大韓帝国内閣総理大臣の李完用(イ・ワンヨン)の曾孫のSさんに、R氏を紹介したところ、判事だったSさんの父親とR氏の父親の2人が同時期に平壌勤務だったことが判明した。  それならば、業務において必ずや何らかの繋がりがあり、知己だったに違いないと私たちは推測した。  R氏によると、当時の朝鮮半島には、朝鮮人の検事と判事は合わせても約50人少々だったという。予測不可能な人生の巡り合わせとなった。  R氏は、この年で類いまれなる記憶力の持ち主で、驚かされることしばしば。  ■強制連行の話は聞いたこともない  そのR氏が、30年以上前に米国で同じ飛行機に搭乗した日本の国会議…

続きを読む

見つかった朝鮮人(慰安婦)捕虜から米軍が尋問した調書記録「志願か親による身売り」米国立公文書館で発見

朝鮮人捕虜 米の尋問調書発見…日本支配の過酷さ記録 毎日新聞2016年6月10日 07時00分(最終更新 6月10日 08時54分) 見つかった朝鮮人捕虜尋問調書=2016年3月28日、内藤絵美撮影 米国立公文書館で  太平洋戦争終盤期に日本軍と行動を共にし、米軍に捕らえられた民間の朝鮮人捕虜が、戦時動員に基づく慰安婦や強制労働の被害について米軍の尋問に答えた調書が、米国立公文書館で発見された。朝鮮人慰安婦について「志願か親による身売り」との認識を示す一方、日本への労務動員については「連合国の捕虜より待遇が悪い」などと述べていた。朝鮮の人々が感じた日本の植民地支配の過酷さを包括的に伝える内容で、論議を呼びそうだ。 <狙いは?>米国はなぜ朝鮮人捕虜を尋問したのか? <戦後70年・支配した国、強制の記憶> <尋問の概要>日本人による直接的な女性の徴集があれば… <社説>慰安婦支援財団 「癒やし」の実現を願う 「慰安婦は身売りと認識」  尋問調書は、慰安婦問題に取り組むアジア女性基金が資料委員会を作り、1997年に米国で真相究明の調査をした際、捕虜の回答を発見した。回答はその後所在不明になったが、今年それが見つかり、資料委員会の委員だった浅野豊美・早稲田大教授(日本政治外交史)と毎日新聞が3月、さらに米軍の質問と関連の資料を発見した。  米軍は、朝鮮人捕虜約100人を尋問した後、3人を選び、米カリフォルニアにある秘密尋問センターに移送して、45年4月11日に改…

続きを読む

知日派、王毅外相の突出した「日本たたき」 編集委員 中沢克二 2016/6/1 6:30日経

知日派、王毅外相の突出した「日本たたき」 編集委員 中沢克二 2016/6/1 6:30  「日本は南シナ海問題を大げさに騒ぎ、緊張を宣伝している。G7(主要国首脳会議)は世界経済を論議する場なのに、日本はそれを利用し、ケチなソロバンをはじき、小細工をした」  中国外務省の伊勢志摩サミットの成果に関する公式論評である。まるで北朝鮮の宣伝放送なのかと見まごう口調だ。 ■日中外相会談での高圧姿勢  これで驚いてはいけない。4月30日、北京で開かれた日中外相会談では、外相同士の高尚な協議の場のはずなのに、これと同様か、それ以上に高圧的な言葉が外相の岸田文雄に浴びせられた。発言者は中国外相、王毅である。  「誠意があるなら歓迎する」。王毅は会談冒頭の握手場面でも厳しい表情を崩さず、けんか腰にも見える言葉を吐いた。会談のホストとしては極めて異例だ。ここから食事も挟んで4時間、激しい応酬が続いた。 会談を前に握手する岸田外相(左)と中国の王毅外相(4月30日、北京の釣魚台迎賓館)=共同  会談の公式ブリーフには出ていない王毅の激しい言葉は、在京の外交関係者らに少しずつ漏れ、大きな話題になったほどだ。細かいニュアンスが分かるよう英語に訳した場合、聞くに堪えないやり取りになる。攻撃性を帯びた余計な一言も多い。岸田は冷静だった。「ミスター・キシダは、これでよく耐えましたね」。中国と距離のある国の外交筋からは、こんな感想まで出たという。  実は、温厚さで知られる岸田…

続きを読む

「「何者かに見られている」畏怖の念 古民家は日本という国の力の源泉だ。というコラム」について

「「何者かに見られている」畏怖の念 古民家は日本という国の力の源泉だ。というコラム」について https://goo.gl/photos/BofmHBhuijv9hyto7 孟子の革命思想と日本」の松本健一さんの著作で小泉八雲が神道とは祖先崇拝と自然への畏敬であると書いているとのこと。

続きを読む

諸先輩への感謝、市議会の代替機能を全市民投票に切り替える時代への進め方を模索しています。

 市議会の代替機能を全市民投票に切り替える時代への進め方を模索しています。 私の余生は護憲運動で費やした日本転覆の誤った志を省みて反省してそれを糧にして 憲法改正を地道に進める世論形成の一翼を担うことです。  社会主義世界国家を作ることが理想であった護憲運動時代の無知な理想。 今は日本という国の持つ世界へ向けての平和な国民性と文化精神性の深さ美しさを世界に向けて知らしめること。 そのことが一歩一歩世界の融和に繋がるのだということ。 護憲が平和と勘違いして来た戦後同世代の誤解を解くことが使命と考えています。  市議会議員選挙に憲法改正の本音で挑むことは無残な選挙敗北を意味しています。 それほど護憲運動が平和という社会主義の宣伝は浸透しています。 市議選に絶対に当選しない言論活動を私は現在行っています。 選挙に出れば利権を護憲に偽装する社会主義勢力から悪宣伝攻撃を必死にされることは目に見えています。  そんな無駄な時間を使うことよりも、市議会を全市民投票にきりかえることで市議会の無能さが代替可能なのは明らかです。全市民の監視の目が行きとどけば無力な市議会の不要性が明らかになります。市議会をコントロールしてきた痴ほう議会を支配する役人機構は市議会を守り抜こうとするので全市民投票で代替することは核なき世界を求めるに近い困難さを伴うでしょう。ましてや自治基本条例など外国人が地方政治を通じて日本の文化性精神性を破壊する工作も未だに健在です。全市民投票が外国人による日本侵略100年…

続きを読む

「何者かに見られている」畏怖の念 古民家は日本という国の力の源泉だ。というコラム

 今日の産経新聞でご紹介したいコラムを見かけた。先祖に感謝することと神への感謝が境目がない。というのが日本の魂に潜在している気がする。(harry)  2016.5.26 09:25 http://www.sankei.com/column/news/160526/clm1605260007-n3.html 【葛城奈海の直球&曲球】 「何者かに見られている」畏怖の念 古民家は日本という国の力の源泉だ (1/3ページ)  「何者か」の視線を強烈に感じた。重厚感たっぷりの黒い梁(はり)が薄闇に紛れる築180年の古民家で神棚のある部屋に入ったときのこと。「ここ何か出ませんか? 座敷童(わらし)とか」。そんな言葉が思わず口をついた。  圧迫感にも似た「何者かに見られている感」は、今は亡き祖父母宅の仏間でも覚えがある。柱時計が時を告げる部屋で遺影に見下ろされると、なんともいえない畏怖の念を感じたものだ。  屋敷の主は、古民家工房代表の高橋義智さん。構造材に金属を使わない伝統的な工法で家を新築したり、古民家を再生したりしている。  過日、高橋さんの建築現場で、梁というたくましい腕を広げ家の重みを一身に支え立つ大黒柱を目の当たりにしたら、柱への尊敬の念が湧き上がってきた。 「柱という字は、木の主と書きますよね。主って誰かといえば、神様なんです」と高橋さん。神様を「何柱」と数えるのもそういうことだったのだ。別の現場では、先祖が植えた木を自ら伐採し大黒柱にするという若い施主…

続きを読む

事実を捻じ曲げて日本を誹謗し続けてきた朝日新聞の効果は簡単には消えない!!在米韓国人による妨害活発

Sexual slavery by the Japanese army made? These pieces of information are completely groundless. 2016.5.23 06:40 http://www.sankei.com/premium/news/160523/prm1605230007-n1.html 【歴史戦】 カリフォルニア州の高校カリキュラムで「慰安婦=性奴隷」表記の公算 7月策定へ 反応  【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州の公立高校で2017年から導入される歴史・社会科学のカリキュラムで、旧日本軍の慰安婦が「性奴隷」と表記される公算が大きくなっていることが州教育局の資料で分かった。教育局が昨年12月に公示したカリキュラム改正案の慰安婦に関する記述は一部が修正・削除される可能性があるが、「性奴隷」表記は7月の最終決定を控え、残ったままだ。  教育の指針を定めたカリキュラムに慰安婦問題が盛り込まれるのは、州レベルでは初とみられる。他州でも韓国系団体などがカリキュラム改正などを働きかけており、今回の決定が全米に影響を及ぼすのは必至。カリキュラムに基づいた内容が教科書にも反映される。  慰安婦の記述は10年生(日本の高1~高2に相当)の項目に含まれる。改正案では「性奴隷の、いわゆる慰安婦は戦前、戦中に領土を占領した日本軍に連れて行かれた」「慰安婦は制度化された性奴隷制や、20世紀最大の人身売買の例として…

続きを読む

「慰安婦像撤去されないで支払いの必要はない。ゆすりタカリの材料にされてきた像を残して新時代はな...

「慰安婦像撤去されないで支払いの必要はない。ゆすりタカリの材料にされてきた像を残して新時代はない!」について https://www.youtube.com/watch?v=vead_DyijoM 青山繁晴氏の解説。20万人の性奴隷を認めて10億円を支払うことにした。 日本政府の判断はアウト! 事実ではないこと、間違った歴史の偽造を日本政府は認めてしまった!!! しかし以下の佐藤優の発言は事実ではあるが、文書化していないから韓国は守らなくていい。 韓国の側に立って日本の国益を損なう側に立っているコメントでしかない。彼の本質が見える。 https://youtu.be/XBS9drBSjiI

続きを読む

慰安婦像撤去されないで支払いの必要はない。ゆすりタカリの材料にされてきた像を残して新時代はない!

韓国と国家としての付き合いは不要。まともな住民とは仲良くできるのだから。(以下産経記事) 2015.12.29 07:35 産経【主張】慰安婦日韓合意、本当にこれで最終決着か 韓国側の約束履行を注視する  不正常な状態が続く日韓関係をこれ以上、放置できなかった。膠着(こうちゃく)していた慰安婦問題の合意を政府が図ったのは、ここに重点を置いたものだろう。  東アジアに安全保障上の懸念が強まる中、日韓関係の改善は日米韓の枠組みを機能させる。日本の国益にかなうことは明らかだ。  「子や孫に謝罪し続ける宿命を負わすわけにはいかない」という安倍晋三首相の強い思いも後押ししたのだろう。  そうした意図が貫徹される大前提は、外相会談での合意に基づき、この問題が今後、二度と蒸し返されないという国と国との約束が守られることだ。  《「軍関与」に根拠はない》  岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相が明確に述べたのは、この妥結が「最終的かつ不可逆的な解決」であり日韓関係が未来志向の新時代へ発展する、ということだ。  両外相が妥結を経て「(日韓は)国際社会で互いに非難・批判することを控える」と共に言及した約束もきわめて重い。朴槿恵大統領は、米中首脳らとの会談などで、日本批判を繰り返してきた。こうしたいわゆる「告げ口外交」の終結を宣言したのだと受け止めたい。 だが、合意内容を具体的にみると、日本側が譲歩した玉虫色の決着という印象は否めない。このことが将来に禍根を残さないか。  そ…

続きを読む

高橋洋一から派生する良識論。財務省による安倍内閣打倒工作は野党と自民内利権中国派と共闘している

ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/78228 @dol_editorsさん 消費税還付の議論の前に、消費再増税を撤回せよ 高橋洋一 [嘉悦大学教授] 【第128回】 2015年9月10日 まずは消費税還付の論点を整理する 還付はいいがナンバーカード利用はやり過ぎ  消費税還付について、自民、公明両党は財務省案をベースに議論している。その財務省案とは、消費税率を10%に引き上げる際、食品などに軽減税率(複数税率)を適用する代わりに、事後的に還付するというものだ。ただし、還付額には上限があり、年間で4000円とされている。政府は今のところ、この財務省案をベースにした与党内の議論を見守るという。  財務省案では、マイナンバーの個人番号カードを、還付金を受け取るために必須としている。軽減税率対象品目を購入する際、マイナンバーカードの個人認証が必要となるわけで、言ってみれば、すべての食料品購入をクレジットカード決済と同じ仕組みにするようなものだ。  これには、様々な反応が出ている。そうした仕組みをすべての小売店に導入できるのか、還付金の上限が低い、などである。  もちろん、そうした問題点もあるが、これではまんまと財務省の意図に乗ってしまう。財務省は、マスコミが目の前の論点整理に追われて、もっと大きな問題点を見逃すことをよく知っている。そのために、技術的な論点を提示する…

続きを読む

「2010年の非武装中立からの卒業。今の現状認識は中共の存在が不安定さを増している。大綱は同じ...

「2010年の非武装中立からの卒業。今の現状認識は中共の存在が不安定さを増している。大綱は同じ。」について 西部ゼミナールに佐高信が出ていたので見てみた。西部氏のいう進歩的文化人に対する反感。ってそういうことか。かならずしも左翼ではないが左翼的なのがイイひとたち。そういえば丸山眞男的な文化人が左翼革命運動にも中途半端で参加するでもなく腰が引けていた人々が学者になって学校の教師になって、今でも安倍政権批判、プロ市民のようなことをしている年金生活者。信用できないなって感じる原因だったのか。

続きを読む

最近の国連への中韓の金のばらまきによる反日宣伝工作は常軌を逸している。日本は分担金の支払いを停止せよ

2015年09月08日06時04分 産経新聞 http://www.goo.ne.jp/green/news/goonews/detail.html?sankei-wor1509080008 【歴史戦】中国主張の「虚構の歴史定着する」と危機感 記憶遺産申請の「南京大虐殺文書」「慰安婦関連資料」来月審査 (産経新聞)  中国国内の公文書館などが保管する「慰安婦関連資料」と「南京大虐殺文書」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の記憶遺産に登録される可能性が出ている。来月上旬に開かれる国際諮問委員会(IAC)で登録の可否が決まる見通しだ。保守系の民間団体は、登録が認められれば「虚構の歴史を事実であるかのように世界的に定着させる一助になりかねない」と危機感を強めており、日本政府に対し、登録阻止に向けて早急にユネスコに働きかけるよう求めている。  中国側の申請は、「“慰安婦”に関する資料-旧日本軍の性奴隷」と「南京大虐殺の文書」の2件。ユネスコのホームページは一部とみられる申請資料を掲載しているが、いずれも捏造(ねつぞう)が確認された写真や、証言として不適切な文書、所有者の許可がないまま使用された写真などだ。  日本政府は申請が判明した昨年6月以降、複数回にわたり真正性などを確認するために全体の申請資料を開示するよう求めてきた。中国側は「中国国内に残された日本軍の資料だ」と主張して拒んでいる。  10月4〜6日にアラブ首長国連邦のアブダビで開催されるIACで登録の…

続きを読む

朝日慰安婦訴訟「屈辱は消える?、銅像は残る。銅像が悪質な朝日デマの結果であることを説明文で残すべき

2015.9.3 15:11 【歴史戦】 朝日慰安婦訴訟の原告側「屈辱は消えるだろうが、銅像は残る。建てられては負けだ」 在米邦人、新たに46人加わる http://www.sankei.com/affairs/news/150903/afr1509030022-n1.html  朝日新聞の慰安婦報道に関して、同社に海外紙への謝罪広告掲載などを求めた3日の訴訟の第1回口頭弁論後に、原告側は東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見を行った。  朝日側はこの日の答弁書で、原告側が朝日新聞の報道の影響を受けたと主張するクマラスワミ報告書やマクドゥーガル報告書、米下院決議、慰安婦の碑・慰安婦像の設置などについて、「朝日新聞記事を根拠としているものではない」などと反論した。これに対し、原告弁護団は「クマラスワミ報告書と朝日の記事がどういう関係があるのかなど反論していく」と述べた。  この日の法廷で意見陳述した作家、馬場信浩氏(73)は「第1回が終わり万感の思いだ。受けた屈辱はいずれ消えるだろうが、(慰安婦の)銅像は残るので建てられては負けだ。米国で不穏な動きがいくつか聞こえるので、立ち向かっていきたい」と話した。  原告弁護団はこれまでに3次提訴までしており、原告数は総勢2152人。2次提訴では米国在住の日本人46人が新たに加わった。10月上旬までにさらに300人規模の4次提訴を行うとしている。次回期日は12月24日。

続きを読む

9月4日に池上彰氏と朝日新聞が話し合い再度掲載することに決めた慰安婦デタラメ報道の落ち着いた先。

(池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証 2014年9月4日03時00分 http://www.asahi.com/articles/ASG935H4GG93UPQJ008.html 朝日新聞は過去の慰安婦報道について、8月5、6日付朝刊に計4ページにわたる検証記事を掲載した。5日付朝刊の1面には、編集担当の「慰安婦問題の本質 直視を」という記事も載せた。  過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。過ちがあれば、率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか。  朝日新聞は、8月5日付と6日付朝刊で、「慰安婦問題を考える」と題し、自社の過去の慰安婦報道を検証しました。これを読んだ私の感想が、冒頭のものです。  6日付紙面で、現代史家の秦郁彦氏は、朝日の検証について、「遅ればせながら過去の報道ぶりについて自己検証したことをまず、評価したい」と書いています。これは、その通りですね。  しかし、今頃やっと、という思いが拭い切れません。今回の検証で「虚偽」と判断した人物の証言を掲載してから32年も経つからです。  今回、「虚偽」と判断したのは、吉田清治氏の証言。氏が自らの体験として、済州島で200人の若い朝鮮人女性を「狩り出した」などと証言したと朝日新聞大阪本社版朝刊が1982年9月2日に報じました。その後も朝日は吉田氏に関する記事を掲載しました。  これについて今回、「読者のみなさまへ」と題し、…

続きを読む

報道ステーションの消費税増税コメントの締めくくりは財務省との既得権益分け前、新聞は増税なしへの応援

2014-08-10 13:29:43 : harry ★★  朝日新聞放送局は消費税10%に上げる派=財務省の手先 いつの間に消費税引き上げ派に朝日新聞がなったのか知らなかった。 要するに安倍政権は10%引き上げに慎重だということなのだな。 サンケイの日曜経済でも書かれているが消費税引き上げによって税収が減るという。 財務省の言いなりに消費税引き上げが税収の減額になるという。 既得権益のために消費税引き上げをあおるマスコミ財務省の巧妙なタッグマッチを許してはな らない。 安倍政権はアベノミックスの原点に立ち返るべきだ。  従軍慰安婦の吉田デマ宣伝を利用した朝日の報道の訂正も語るに落つる、というよりも いまさらの朝日新聞を宣伝道具に使った勢力による国家転覆を狙う大陰謀が暴露された ということをもっと国民は知るべきだ。

続きを読む

慰安婦問題、「吉田証言」に踊った人たち 阿比留瑠比の極言御免20140807産経新聞

慰安婦問題、「吉田証言」に踊った人たち (朝日新聞が犯した国家犯罪!!20年前の検証を無視し続け世界中に日本国民の恥「慰安婦像」を作らせる原因を作った朝日新聞の罪!!!) 2014.8.7 11:31 [「慰安婦」問題]  朝日新聞が5、6両日にわたって朝刊に掲載した同紙の慰安婦報道の検証記事を興味深く読んだ。朝日の検証は中途半端で言い訳じみた内容ではあったが、韓国・済州島で女性を強制連行したと証言した吉田清治氏に関する記事(少なくとも16本)を取り消したことには一定の意味がある。  もちろん、吉田氏を「職業的詐話師」と呼ぶ現代史家の秦郁彦氏がすでに平成4年3月に済州島で現地調査を行い、虚偽性を指摘してきた話であり、遅きに失した点は否めない。  読売新聞の6日付社説「『吉田証言』ようやく取り消し」は、次のように朝日の姿勢を批判した。  「疑問が指摘されながら、20年以上にわたって、放置してきた朝日新聞の責任は極めて重い」  とはいえ、間違いを改めないよりははるかにマシである。秦氏は6日付朝日に寄稿し、こう書いている。  「前回の検証(97年3月31日)では吉田証言に関して『真偽は確認できない』と抑え気味だったが、今回は『虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした』と改めた。謝罪の言がないことに不満の人もいようが、画期的だと評価する人も多かろう」 (2/3ページ)[「慰安婦」問題]  吉田氏のことを「腹がすわっている」などと持ち…

続きを読む