四国遍路から武蔵野遍路。

https://skydrive.live.com/?cid=60eeda594d1f57a7&sc=photos#cid=60EEDA594D1F57A7&id=60EEDA594D1F57A7%2118502&sc=photos  四国遍路を車で済ましたとき、歩き遍路を横目で見た。せめて武蔵野遍路をするときは多少苦労をしてみようと昨日は山道に自転車で入り込んだ。予想以上に段差が多く自転車を担ぎながら山道を歩き疲労困憊した。     山を甘く見た。武蔵野遍路を軽く見ていた。でも自転車で下るときの快適さは重たい電車での移動を忘れさせてくれる。  この苦労が替天行道の苦難と感じれば心地よい。 何も知らずに山道を前にして 慈眼寺の庭  それでも、次回は吾野から子の権現=天龍寺へ向かう山道を自転車を背中に背負って登ってみるかもしれない。背負う工夫をしなければ。。。

続きを読む

石原新党にみんなの党渡辺善美さんの一言。に座布団二枚!

 石原新党にみんなの党渡辺善美さんの一言。に座布団二枚! 石原新党本気で幕藩体制を壊す気があるとは見えない。 武蔵野観音霊場の感想。 馬場市長は市役所でも総すかん。こんな市長をつくった共産党の責任は重い。もっともこのときの対立候補も馬場に似た候補だったようだが。。。 本文  消費税増税や原発に賛成なら「維新」ではないせいぜい「新撰組」。幕藩体制の補完勢力!その通りだ。  今日も武蔵野観音33霊場に行ってきた。山奥になると留守の寺が多い。人のいる場所に納経せよと書いてった寺にいっても留守がいるのに、引き出しから勝手に持っていけという調子。こういうお寺のいい加減なやり方を見ているからお寺に尊敬は生まれない。  そのお寺の人となりを見てしまう。 本堂まで入れてくれて参拝をさせてくれたのが慈眼寺。きれいな庭も拝見させてもらった。そういうお寺と比較してしまうと留守に勝手にカネをおいてけ。書いておいた紙を勝手に持っていけ。というお寺が武蔵野観音霊場には多いことが残念だし、それを何とかしたいというお寺の人の声も聞けた。まじめに遍路をする人に応対する宗教者も中にはいる。人生そのものだ。  最後の二箇所の天龍寺と八王寺に挑んだが、自転車で徒歩道に入って重い折りたたみ自転車で疲労困憊した。歩くと50分という場所が自転車を担いで上ったので2時間半かかって天龍寺に着いたのが15時半。八王寺(竹寺)に行くには1時間以上歩く。自転車ではもう少し早いかも。。。でも疲労困憊しているのであきらめ…

続きを読む

武蔵野観音33霊場の参拝をはじめました

 長命寺で真言宗の智山派と豊山派の違いは何ですか?と聞いたところ、理趣経の解釈が違うとのこといでした。理趣経は映画「空海」でもセックス肯定の映像を残した経で、誤解されやすいときく。映画でも空海が最澄に 修行なしでは理解できないと経文を貸していない。  修行なしで理趣経の解釈を読んでも理解しがたいかもしれないが、経をあげているうちに分かることもあるかもしれない。。。? 理趣経 ウィキペディアから  大日経 金剛頂経 蘇悉地経 理趣経 思想 基本教義 即身成仏 三密 入我我入 曼荼羅 護摩 東密 古義 (広沢流 小野流) 新義 関連人物 東密 金剛薩埵 龍樹 龍智 金剛智 不空 恵果 空海 真言律 叡尊 忍性 信空 台密 最澄 順暁 円仁 円珍 ウィキポータル 仏教 『理趣経』(りしゅきょう)は、「金剛頂経」の第6会にあたるとされる密教の経典である。主に真言宗各派で読誦される。サンスクリット名はadhyardhaśatikā prajñāpāramitā(『百五十頌般若』)。単に『理趣経』という場合は、「大楽金剛不空真実三摩耶経」(たいらきんこうふこうしんじさんまやけい、大いなる楽は金剛のごとく不変で空しからずして真実なりとの仏の覚りの境地を説く経)、あるいは「般若波…

続きを読む

支配し続ける官僚と使われる政治屋ども。ボロボロの政府だから人々のINORIが大きくなる。

皆様! お元気ですか? harryikedaharuoは今、毎日巡礼の旅をしています。 HANNYASINGYOU般若心経を写経してから、100円shopで購入した自作朱印帳 をもって武蔵野観音霊場33箇所を歩いています。  その写経の願文は「平成維新」と書いているだけです。 無駄な公共事業と戦い続けてきた市議会での12年間でした。  今、市内を歩くとその時の思いが街中に溢れています。 黒目川雨水幹線は大型トラックが中を走れるくらいに巨大な100ミリ対応可能な くらいのトンネルでした。 しかし、流れ込む黒目川新小金井街道本村小の河川は対応雨量30ミリだったと 思います。そのため大きなトンネルは内部を狭く埋め直して黒目川に流れる水量 を減らしている。というよりもそのままの大きさでは川に流すことができないため だが。。。  今の黒目川は土砂がたまりうっそうとした樹木がしげる。川底を深くすると50ミリ の雨量に対応できるそうだが、下流が対応していないので30ミリにしているとの話 だったがこのうっそうとした樹林が出来た黒目川は30ミリの雨量にも対応でき ないのではないか。  市議会はこの税金の無駄遣いをどう受け止めているのだろうか。 東京都に対して今後の対応、河川管理の現状を年度計画で明らかにすることを求めて欲しい。 年金もまだもらえていないこの身を振り返って感じることは現在の金額で300ヶ月 X15000yenを支払っておよそ450万円を国家に払…

続きを読む