解せない英国のファーウェイ参入許可 岡崎研究所

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集 2019年5月20日 解せない英国のファーウェイ参入許可 岡崎研究所    4月24日の英デイリー・テレグラフ紙は、4月23日のメイ首相が主宰する国家安全保障会議(National Security Council)が5Gネットワークの非中核部分(noncore)にHuaweiの参入を認める決定をしたと報道した。国家安全保障会議の模様が同紙に漏洩したものである。このデイリー・テレグラフの報道によれば、内相、外相、国防相、国際貿易相、開発相が反対したとされている。未だ決定の正式発表はないが、恐らくそのような決定が行われたのであろう。メイ首相は質問に答えて、「リークにはコメントしないが、通信ネットワークの安全には高度の優先度を付している。我々は通信ネットワークの強靭性と高度のサイバー・セキュリティーを確保したいが、サプライヤーの多様性も確保したい」と述べている。 (註)国家安全保障会議の決定が漏洩したことは重大視され、犯人捜しが行われていたが、5 月1日、メイ首相はウィリアムソン国防相を解任した。ウィリアムソンは漏洩への関与と責任を否定している。 (BonneChance/iStock)  4月23日の上記決定に関して、4月27日付の英エコノミスト誌は、国家安全保障会議の決定は思慮深いものだとして支持する論説を掲載している。が、この論説には賛成し難い。国家安全保障会議の決定を無理して正当化する理屈を探したという印象を免れない。  まず、英…

続きを読む