テーマ:産経新聞

韓国系米金融マン 慰安婦問題の誇張に疑問符 身内100人超の少女に強制連行「一件もない」

2018.7.18 09:00 【ボストンから一言(16)】 韓国系米金融マン 慰安婦問題の誇張に疑問符 身内100人超の少女に強制連行「一件もない」 日本総領事館前には2016年末、慰安婦被害を象徴する少女像を設置し問題となった  「ボストンから一言」を書き始めたことで、いろいろな方と知り合う機会に恵まれている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホーキング 石原慎太郎 産経新聞

ホーキング博士死亡で思うのは石原慎太郎氏の産経新聞2016年のコラム  何回も書いていた。人類が他の宇宙の生命体と遭遇しないのは高度な文明を獲得した生命体が瞬間に滅亡しているから。その数は数百万だとか。。。瞬間とは100年。と4-50年前の講演会でホーキングは石原氏に答えたという。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣総辞職などと希望的発言が増税派財務省の手先どもから出ているが、以下の説明が的確だ。増税は中止に!

内閣の責任とはなり得ない http://ironna.jp/theme/890  朝日新聞が、森友学園への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書が書き換えられていたと報じた問題で、野党の一部からは「事実なら内閣総辞職を」との声も出ている。書き換えが事実だった場合、責任をとるべきなのは誰なのか。 記者に囲まれながら大臣室へ入る麻生太郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国との個人的な友好関係は望むのだが。。確かに産経抄の書くとおりだな

2018.2.24 05:04 【産経抄】 韓国ともいつか仲良くなれるのではとつい夢を見たくなるが… 2月24日 おすすめ記事を受け取る  昨今の国際情勢をかんがみれば、さもありなん。「米国の最大の敵対国」を聞いた米ギャラップ社の今月の世論調査で、米国民の51%が北朝鮮と答え、トップだったという。2位がロシア(19%)、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【阿比留瑠比の極言御免】左派のどこが「リベラル」か

2018.2.22 01:00 【阿比留瑠比の極言御免】左派のどこが「リベラル」か おすすめ記事を受け取る (1/4ページ)【阿比留瑠比の極言御免】  政治記事を書くうえで、ずっと違和感を覚え、どうしてそう言うのか意味不明なので極力、使わないようにしてきた言葉がある。それは「リベラル」である。本来は「自由を重んじること」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後の総督府官吏」の“遺言” 朝鮮人とは仲良くやっていた

2018.2.4 12:20 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(4) 「最後の総督府官吏」の“遺言” 朝鮮人とは仲良くやっていた 朝鮮人の同僚(両端)と(西川氏は右から2人目)  昨年8月、102歳で亡くなった西川清(きよし)は、「最後の朝鮮総督府官吏」というべき貴重な証人だった。  大正4(1915)年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞の紙面づくりにびっくりした。中共大躍進文革での民衆虐殺をも隠蔽?

https://www.youtube.com/watch?v=3H0ftYGhoFk&t=389s 虎ノ門ニュースの中では、それほどイイネしない番組だったが、  この1月18日の朝日新聞が一面にプロ野球の敬遠をどうしたを一面にして チャイナの尖閣への侵略行為を3面に隠していたというのも露骨な中共シンパ新聞の面目躍如。  百田さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓の真の友好を生み出すとても大切な視点を教えてくれるとても良いオピニオンで感動しました。Harry

日韓の真の友好を生み出すとても大切な視点を教えてくれるとても良いオピニオンで感動しました。(Harry) 2018.1.14 10:30 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】 (1)日本ほど「お人よし」の統治者はいない http://www.sankei.com/column/news/180114/clm180114000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温暖化ではなく寒冷化?不都合な真実。

以下の記事は、地球温暖化防止をしないと世界を敵に回すような情報戦争が地球を席巻している中で、太陽の活動が低下という「不都合な真実」は無視され、CO2取引の先進国から金を巻き上げるだけの開発途上国の資金源を生む手段にされている。世界中から、とりわけチャイナやロシアからも巨額の資金を集めたらしいクリントン財団は寄付団体と装いながら実際の寄付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

革靴と英語が書かれたジャケットが見つかった。工作員が変装し、上陸するため

2017.12.14 12:00 産経新聞【正論】 海から来る北の脅威に対処急げ 東海大学教授・山田吉彦  11月以降、連日のように漂着する北朝鮮漁船は、わが国の沿岸警備の難しさを浮き彫りにした。  日本の管轄海域である領海と排他的経済水域(EEZ)を合わせた面積は447万平方キロメートル。その中に、周囲が100メートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニュース女子」番組内容はすべてまともな報道だった。BPO=既得権益テレビ局が反基地暴力左翼側。

 え!以下は産経新聞の記事?まるで既得権益の側に立っている報道だね。DHCTVが番組の製作者としてBPOに記者会見での質問事項を伝えBPOが妨害したことすら記事になっていない。  これでは沖縄の暴力左翼は付け上がるなあ。 2017.12.14 15:03 「ニュース女子」をBPOが強く批判「重大な倫理違反」 東京MXテレビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の工作員が大好きな日本メディアは朝日新聞と岩波「世界」当然のこと

北朝鮮の記者(と称する者たち)も面白かった。彼らが大好きな日本メディアは朝日新聞と雑誌『世界』(岩波書店)で大嫌いが産経新聞 【ソウルからヨボセヨ】北警備兵に応射しなかった韓国軍、文在寅政権下で現場が弱腰? - 産経ニュース http://www.sankei.com/column/news/171125/clm1711250006-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えー まだ朝日新聞ですか?官僚独裁政治を支えるインチキ新聞!

 えー まだ朝日新聞ですか? 嘘ニュースの塊の朝日新聞です。ぜひ倒産へ追い込んでほしいです。 朝日毎日東京は特に反日新聞として筋金入りです。  安倍政権の官僚独裁政治との死に物狂いの戦いを、財務省の手先としてつぶしにかかっているひどいウソ新聞です 売春婦を慰安婦として日本軍が奴隷として連れ去ったと大嘘を世界にばらまいた犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行動して後悔せよ。抜け殻でなく、魂かよう人間ならば

マキャベリ流ー是非に及ばず20170507 産経新聞より わが意を得たりの思いをこの記事で感じた。  好奇心の塊の私は、旅先でも、未知の道を進みたがる。妻はそれをとても怖がる。 しかし、行き止まりに見える道でも行ってみると先があり、思わぬ絶景にめぐり合える。 行かずに後悔するよりも行って後悔せよとは名言だが、大体、行って後悔する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞ののりこえネットからの抗議言論弾圧への対応の不透明さ

 産経新聞でも書かれている。佐藤優がその不透明な釈明を是としたという。佐藤は沖縄の新聞でも違和感のあるコメントを載せていたtのを発見してこういう人なのかと感じたので今の佐藤優のしたり顔のコメントの陰にあることが日本の国益を考えているわけではないと推測できる。以下産経記事の写真 http://blog.goo.ne.jp/taeza…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍艦島はアウシュビッツという大嘘がまかり通っていることに強い怒りを覚える

https://goo.gl/photos/gvkYufTyeAd7gSGj6 軍艦島が地獄だったという大嘘も許してはならない!  炭鉱の島も厳しい労働の場所だったのは想像が付くが、それは元島民が言うように長羽扇人を差別することなどのない労働者のしまだったという。  家族そろって稼ぎの良い炭鉱に来たのは日本人も朝鮮人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しきつよき国20170206から

 悪名高いアイリスチャンの「レイプオブ南京」の日本軍の爆撃の犠牲となった一般市民写真は地下壕に避難した群衆が壕をでようとしたときチャイナの警防団が扉を閉じたので内部の群衆約4千人が死亡したということの虚偽報道。  長崎軍艦島の炭鉱で食事は粗末で危険な坑道の先端の仕事を朝鮮人にさせたという大嘘。軍艦島での生活は高給が取れる。国籍での差別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプバッシング報道の異様なこと!

◎トランプバッシング報道の異様さ  オバマ時代の無力さは誰でも知っている。今まで世界中で紛争が拡大し、そのために難民を異様に爆発させてきた。そのネオコン主導の紛争続きの時代がそんなに良いのか? クリントンを望んできた人々に痛切に問いかけたい。  トランプ大統領の1月20日就任式典の人数がパラパラな状態の写真が出回っている。それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この産経の黒田記者の冷静な指摘に韓国なんか信用できないといきり立つ人も少なくないが。

 この記事を否定して感情的に反発を続けていても韓国や日本の反日勢力と同じことになる。韓国の中にも良識派が少しは生まれてくれたことを評価しようではないか。真実を世界に明らかにしていくには現在の日本外務省の努力も不十分だが、一歩一歩真実を世界に伝えていく努力を続けていくしかないのだから。。。以下は黒田記者の冷静な韓国の冷静な人の紹介記事だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西尾幹二氏の分厚い日本の歴史がブックオフで100円で売られていたとき

 西尾幹二氏の分厚い日本の歴史がブックオフで100円で売られていたときその内容に共感したわけでもなく一応目を通そうと思い買ってみた。それから10年になるのだろうか。今ではこの西尾さんの正論に全面的に共感している。全く安倍さんの頑張りは認めているが、国際的な外務省の無能ぶりにはホトホト情けなくなる。日本の国際的な信用を毀損する害務省を大改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮家邦彦氏産経新聞20161208記事WORLD Watchの的外れな猛省発言について、産経批判

 もともと この人の発言には納得できないことが多い。宮家氏はネオコンの手先にトランプが今回なったかのような表現をしているが、そもそもネオコンの手先は宮家氏など日本の多くのマスコミではないか。  したり顔に「またやってしまった」などとトランプの台湾との会談を批判しているが、チャイナと密約を結んでいるのはもともと、キッシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more