5Gをめぐる戦争は世界支配の重要な分岐点!安易に価格で選ぶ危険

ファーウェイ離れ、世界で スマホ最新機種を発売延期  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45142070S9A520C1MM8000/  ファーウェイはスペックからいうとそれほど最高ではない。ほかの大手の機種のスペックが悪すぎるだけ。今の米中の戦争は5Gでの通信の主導権争い。  トランプは今までの米政権と違いシナからの金縛りから脱しているようだ。  シナ共産党は金の力で世界中の支配を米主導からシナ主導に変えようとしている。自国民の民主化弾圧。文革での狂気の粛清。更にチベットウイグルの民族根絶まで平気で行ってきた血塗られた産主義が世界支配するのではいくら低価格高性能製品が広まっても恐ろしい。  しかしシナの共産主義政がまともな国民主権の日本のようにとは?  安倍政権をファシストだなどとどんなにくさしてもシナのような血塗られた弾圧どころか、サヨク史観を批判する百田尚樹さんのような人への言論弾圧こそ共産政権のようにファシストのように弾圧する側の存在が許される日本。   安倍政権をヒトラーの漫画で描いたサヨクこそヒトラーなのだと嘘新聞に毒された人は気づかない。  ひどいことに言論弾圧のサヨクのほうがマスコミでは跋扈しているのも問題だ。。。日本でも米国に似てサヨクがマスコミで主導している。シナの手先が世界中で主導権を握る危険が増している。シナの独裁を応援しているのが日本サヨク。この存在が日本をシナ化=言論弾圧=ファッショ=共産…

続きを読む

解せない英国のファーウェイ参入許可 岡崎研究所

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集 2019年5月20日 解せない英国のファーウェイ参入許可 岡崎研究所    4月24日の英デイリー・テレグラフ紙は、4月23日のメイ首相が主宰する国家安全保障会議(National Security Council)が5Gネットワークの非中核部分(noncore)にHuaweiの参入を認める決定をしたと報道した。国家安全保障会議の模様が同紙に漏洩したものである。このデイリー・テレグラフの報道によれば、内相、外相、国防相、国際貿易相、開発相が反対したとされている。未だ決定の正式発表はないが、恐らくそのような決定が行われたのであろう。メイ首相は質問に答えて、「リークにはコメントしないが、通信ネットワークの安全には高度の優先度を付している。我々は通信ネットワークの強靭性と高度のサイバー・セキュリティーを確保したいが、サプライヤーの多様性も確保したい」と述べている。 (註)国家安全保障会議の決定が漏洩したことは重大視され、犯人捜しが行われていたが、5 月1日、メイ首相はウィリアムソン国防相を解任した。ウィリアムソンは漏洩への関与と責任を否定している。 (BonneChance/iStock)  4月23日の上記決定に関して、4月27日付の英エコノミスト誌は、国家安全保障会議の決定は思慮深いものだとして支持する論説を掲載している。が、この論説には賛成し難い。国家安全保障会議の決定を無理して正当化する理屈を探したという印象を免れない。  まず、英…

続きを読む

ファーウェイとグーグル。さすがのGAFAもトランプの圧力に屈したか?

 しかし、すごいね!トランプの本気度は今までシナべったりだった米民主もシナ制裁派が多数派に変身か? GAFAは基本的に既得権益の側なのだが、今のところはGAFAも一時変身か? 池田孟夫(治夫) ‏ @ikedaharuo1 39分39分前 その他 ファーウェイ端末でグーグル利用不能に、米中対立激化で 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート いいね ツイートアクティビティを表示 池田孟夫(治夫) ‏ @ikedaharuo1 3時間3時間前 その他 プラごみは焼却が正解。燃やさせないのは利権集団たち: 雨がいつも降る屋久島2014年に縄文杉に到達する前のときは環境省による立ち入り禁止があった 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート いいね ツイートアクティビティを表示 池田孟夫(治夫) ‏ @ikedaharuo1 4時間4時間前 その他 20110817ギザ一人旅:https://s.webry.info/sp/ikedaharuo1.at.webry.info/201202/article_15.html … なつかしい 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート いいね ツイートアクティビティを表示 池田孟夫(治夫) ‏ @ikedahar…

続きを読む

マイナンバー・ファーウェイ)情報戦はどちらの側に立つのかという選択

https://www.youtube.com/watch?v=VZhWQWt4Mys 1.不破共産党がシナと癒着した内幕 2.シナによる世界侵略への数々の布石 3.(マイナンバー・ファーウェイ)情報戦はどちらの側に立つのかという選択 1・ 我那覇真子「おおきなわ」#56】沖縄「反日」運動の正体~篠原常一郎氏が語る「日本共産党」の実像[桜H31/2/15] 伊豆の1000坪豪邸に暮らす日本共産党のオーナーともいうべきTOPカリスマの不破哲三がなぜ団地暮らしから抜け出すことができたのか? シナ共産党と和解した不破共産党。そのときシナは不破にシナで不破の著作を出版しないかと持ち掛けた。喜んで受けた不破。しかし篠原氏によれば北京などの書店で調べたが、不破の著作は見つからなかった。 2・ 外務省の役人はシナの担当から移動になるとき同じ工作を受け、著作物の印税の支払名目でシナ共産党から大金を受け取ったと篠原氏は直接聞いたそうだ。 高橋洋一氏のnet番組では文化人放送局など無数の番組を聞いているのでどこの番組か記憶がないが、いくつかの番組で高橋氏の話でも、元外務省の馬渕睦夫さんの番組でも多くの日本人の役人などがシナでは夜になると好みの美人が訪ねて来るらしい。その罠に落ちたといわれている元総理大臣もいるね。 3・ HARRYは昔、国民総背番号制に反対し、国会議員時代の河村たかしさん のところに行ったこともある。今ではマイナンバーは海外に資産隠しをしている高額所得…

続きを読む

上念司さんの5Gスマホでの危険性の警告 ハーウェイZTEだけではない

日本、いや、世界の携帯電話が5Gによって危険に晒される?! 必読の記事です!! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    Yaesu Evening Lab information mail ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 我々が気が付かない間に、 世界では米国と支那で 次世代通信規格「 5G 」において 戦争が勃発していました!!! 戦争は貿易だけではなかった!!! この世界覇権争いの勝負の行方次第で 我々の必需品である携帯電話が… 危険に晒されるかもしれません!! 一体なにがどうなっているのか?! 上念の解説をご覧ください! ↓↓↓ ----------------------- ( comment by 上念 ※11月27日 最新記事 ) 5G携帯の規格を巡り米中戦争勃発! でも、支那が有利という記事です、、、 イマイチ。 中国、5G覇権へ攻勢止めず 米の締め出しでも規格優位:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38193190W8A121C1FFE000/ --- 通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)などの中国企業が、次世代通信規格「5G」技術の普及で攻勢を強めている。ファーウェイは既に世界66カ国150社以上と実証実験を進め、来年に5G対応のスマートフォン(スマホ)を発売する。警…

続きを読む